アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

frd、少年を拾う

豆王子さま、とうとう王子の国に帰国。
毎度ながら、車の窓から小さい手を振るのが見えなくなる時がつらかった。

昨日、アンナパパ、ママ、Mぞう、豆王子とアンナの5人でドライブに行った時、途中で眠くなった豆王子はアンナに抱っこされたまんま熟睡してしまった。

豆王子の重みと温かさとあどけない寝顔で、なんと満たされた幸せな時間だったこと。

今度はいつ会えるのかなぁ・・・。

※ ※

昨日から車で道東へ一泊の出張に行っていたfrdが帰ってきた。

途中、18歳の少年ヒッチハイカーを拾ったと言う。
なんでも、ギター持ってストリートで自作の歌を歌いながら旅をしていたらしい。

将来は歌で身を立てたいって夢を語る少年。
性格はよさそうだし純粋だけど、まだまだ甘いね~っていう感じだったので、frdは自分の体験談や今の仕事の話をして聞かせたらしい。

アラスカのオーロラ、厳しく美しい自然、それらをfrdに教えてくれた写真家の星野道夫のこと、そして北海道の自然環境事情、クマとの共生のこと、それに関わるいろいろな人たちとのこと、道中、車の中から見えた養蜂の巣箱の話、樹や森のこと・・・・。

少年は、へー!へー!と感心しながら聞いていたらしい。

そこそこ食べていけてる位でこれからもやっていくのなら、それはそれでいいと思うけど、もしも歌で人を強く感動させたり夢を与えたり出来るくらいのレベルまで行きたいのだったら、もっと広い世界を知って沢山の人達に出会って、そしていろいろなことを勉強した方がいいと思うなあ、
ってfrdが話したら、

「あのーっ!俺、なんかーっ、えーとえーと
 今までいつも俺が俺がっ、てすんげー自己中で生きてきたしーっ
 他人のことそんなすげーとか思うってぜんぜんなかったんスけどーっ
 なんかーっ!今日、俺すげー訳わかんないけど感動したっつーかー
 生まれて初めて尊敬できる人に会ったっすよー!」

って「すんげー」感心してくれたらしい(笑)。
frdもいよいよ少年に人生訓を与えられる大人になったのだね。

でも、これがfrdだからよかった。
型どおりの「普通の」大人から説教じみた話なんて聞きたくないだろうからね。

別れ際に「お礼に一曲歌うから聞いてくださいっ」って
自作のラブソングをプレゼントしてくれたらしい。

いつか、君が作った「心に染みる歌」をどこかで耳にする日が来ますように!

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

アンナ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。