アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

春おばあちゃんの生命力

frdは顔は優しいけど体格がごっついので、甥っ子のS之進は来るたびにちょっぴり怖がってすぐに寄ってこない。ようやく慣れても、まだ小さいからすぐに忘れちゃうのよね・・・・(笑)。

アンナのことも会うたびに「えーーーっと、誰だったけなぁ、パパにちょっと似てるな、前に会ったことあるっけ?」っていうような不思議そうな顔をして見ているんだけど、しばらくしたら慣れてくれてお休みのちゅーまでしてくれたので「お姉ちゃん」は満足でした。

※ ※ ※

アンナパパ、ママ、弟一家、frdとアンナで居酒屋へ行こうとしていたとき、おばあちゃんがショートステイ先で心不全を起こして救急車で運ばれたとの連絡が入り、騒然。

とりあえずママが病院に駆けつけ、一度戻って入院支度をして、パパと弟と一緒にまた出かけて行った。

パワフルな春おばあちゃんとは言え、もう92歳だからね・・・。

しばらくして戻ってきて、一応落ち着いたので、ご飯も食べていないし行きましょうかと皆で居酒屋へ。

おばあちゃんの様子を聞くと弟が、
「おばあちゃん、すごいよ。息が苦しいからはぁはぁ言いながら「食事が、食事がまだだから・・・」っていうから急いでサンドイッチ買って来て手渡したら、ばくばくかぶりついて、しかも休みなくしゃべりっぱなしでさ・・・・」

おばあちゃんは食への執着がとても強い人なのだ。うちにいるときも、ちょっとでも食事の時間が遅れるとそわそわして台所までやってくるし。
食への執着イコール生への執着っていうことになるのかなぁ。

もともと若い頃は結核病みで体が弱くて、鶴みたいに細い人だったのに、中年以降すっかり体格が良くなってこんなに長生きできているし。

体力がないとか体が丈夫じゃないっていうことと、寿命というのはまた別の次元のものなのかもしれない。

そして、おばあちゃんが長生きしてくれているいることが、体力のないアンナママやアンナにも大きな希望を与えてくれているのだ。

おばあちゃん、まだ行ける、行けるよ。100歳まで頑張れー。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

アンナ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。