アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

美しい話

20060609175518.jpg

母から何度か聞いた話
私の祖父のこと

ダンディで知性派だった祖父は
孫の私から見ても素敵でとても自慢だった

いい父でいい祖父

でも祖母にしてみると
若い頃の、世の男性の御多分にもれずの罪が
妻としての祖母を長い間苦しめ

祖父を愛しながらも
心の底に深く静かに積もった黒い澱

晩年の祖父にアルツハイマーの症状が出始め
それは波のように寄せては引いてを繰り返した

あるときは正気に、あるときは彼方の人に
懐かしい祖父は、急に見知らぬおどおどした老人に

祖父の書斎の文机の上に
開いて置いてあった日記
書いてあったのは、
だんだんと壊れていく自分への恐怖と
絶望の言葉

弱々しく乱れた字がそのまま
そのときの祖父の姿のようで
底なしに淋しかった

彼方へ行っている時間は日に日に長くなり
一緒に住む伯父夫婦はとうとう音を上げた

いよいよ病院に入るということになり
もう生きて退院することはないだろうと
わかっていた祖父

入院する前日の晩

拭いた先から曇り始めるガラスを必死で拭くように
薄れていく自己を精一杯つなぎとめながら
85歳の祖父は
58年ともに暮らした83歳の祖母をしっかりと抱きしめて

「ありがとう、ありがとう。
いろいろ苦労かけたけれど、
俺は生涯で母さん(祖母)だけを
本当に心から愛していたよ。ありがとう」

そう言ってたくさん泣いた。

それから
入院先の病院で坂道を転げるように
わからなくなって行き

心臓も弱っていた祖父は1年後に
体のすべての機能が眠るように停止した

あれから10年
祖母は93歳

女としての人生を完結させてくれた
祖父から祖母への最後のプロポーズは
澱が消え去った祖母の心の中に
ずっと大切にしまわれている

聞くたびに涙が出て
祖母が少しうらやましくさえなる話
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

うーん、やっぱり、アンナは文才あるなぁ。
いつもそう思うけれど、また惚れ直した!

老いるということにちょっととまどいがあるけれど、良い人生を歩みたいです。

しまくらちよこ、、、アンナって、鶴のように上品でスマートな容姿なのに、たまに、こういうこと言うよね。 出会った頃は、このギャップにドキドキ戸惑ったことを思い出しました。(笑)
frd、全然気にしなくてOKよ。 だって、これもアンナの愛すべきキャラだもん。 美しすぎるから、こういうのがないと、バランスとれないからいいの。

  • 2006/06/09(金) 18:06:07 |
  • URL |
  • ぴゆどん #-
  • [編集]

アンナちゃんもおばあさまくらいの歳を迎えた時に、今の苦労も含めて、きっとステキな想いを言葉に紡ぎだしていくんでしょうね^^

  • 2006/06/10(土) 01:50:19 |
  • URL |
  • 小夏 #-
  • [編集]

>ぴゆどん
ありがとう!
でもまたそんな褒め殺してくれちゃって、
つけあがって、いい気になっちゃうよ、なっちゃう
よ~(笑)
それにしても、会った最初の頃、そんなに
ぴゆどんを戸惑わせていたのね、私ったらば。
本人はいたってフツーのつもりなんだけどさ。

  • 2006/06/10(土) 21:19:00 |
  • URL |
  • アンナ #-
  • [編集]

>小夏ちゃん
自分が今のおばあちゃんの年まで生きられるか
どうかは疑問だけど(なんたって93!)
はたしてどんなおばあさんになっているかは
とても興味があります。
姿を想像するとちょっと怖いものがあるけど(笑)
自分らしい老後の迎え方をしたいものですね。
小夏おばあちゃんもね!

  • 2006/06/10(土) 21:22:31 |
  • URL |
  • アンナ #-
  • [編集]

感動です。。。
自分の意識があるうちに感謝の言葉と愛を伝えたおじいさま、
そしておじいさまに寄り添い続けたおばあさま。
おばあさまは最後まで信じていたんですね~
うう~ん、私も頑張らなければ(*^_^*)

  • 2006/06/10(土) 21:39:11 |
  • URL |
  • きゅう #-
  • [編集]

ウチのおじいちゃんも、アルツハイマーで最後には病院に入ったんだ。でも、アンナちゃんのおじいさまのように、ステキな言葉はなかったので(?)、おばあちゃんにも母にも、残るのは苦労話ばかり。
ただ、すっかり分からなくなったおじいちゃんが、会いに行くと、最後まで私をひざに抱いてくれてたんだよね。不思議だけどありがたいチビみかんの思い出です。

さてさて、チビみかんがみかんになって、ババみかんになる。どうなるかな。
アンナちゃんはきっと、たとえ見かけが歳をとっても、今のままのような気がする。きっとお化粧して、カラダに良いことしているよv-218

  • 2006/06/10(土) 22:52:36 |
  • URL |
  • みかん #-
  • [編集]

>きゅうさん
ぎりぎり間に合ったという感じですけどね(笑)
でも、その一言を頼りにこれからもずっと
生きていける、っていうこと、ありますよね。
できれば若くて元気なうちから、そういう言葉を
お互いにかけあいたいものですv-238
頑張りましょう!

  • 2006/06/11(日) 09:28:55 |
  • URL |
  • アンナ #-
  • [編集]

>みかんちゃん
みかんちゃんのおじいちゃまもそうだったの・・・・
でも、抱っこされた温かい思い出があるんだね。
私の祖父は、私がお見舞いに行っても、
まるで他人を見るような目で
理解できない難しいことをつぶやいていました。
悲しかったけど、元気だった頃の祖父の
声や表情を必死で思い出して耐えました。

ばばみかん・・・・(笑)面白すぎますから。
今、しなびたみかんが頭に浮かんだ(ごめん)
お互いいつまでも面白いこと探して、うきうきした
ばあさまになりたいですね。

  • 2006/06/11(日) 09:34:31 |
  • URL |
  • アンナ #-
  • [編集]

逆にね、私には元気だったおじいちゃんの記憶がないの。物心ついたときにはすでに、おじいちゃん分からなくなってたから。母から逸話聞いて、ふーんってかんじ。

しなびたみかんは、しなびてても、皮がむきにくくても、味が濃くなって甘みが増すんだぞー!(爆)腐る手前はあまーいんだから。
そんな、ウマいババみかんになるぞ!!
アンナちゃんは、うきうきババになるのね。

  • 2006/06/12(月) 22:23:29 |
  • URL |
  • みかん #-
  • [編集]

>みかんちゃん
そうなんだ・・・・。
でも、おじいちゃんたちが残してくれた温かい
おみやげ、心の中に大切にとっておきたいですね。

そうそう。しなびたみかんは甘いよ~!
ばば同士になってもばばオフは続けようね。

  • 2006/06/13(火) 11:08:25 |
  • URL |
  • アンナ #-
  • [編集]

お久しぶりですv-290
うちも祖父と祖母が両方ともアルツハイマーだったんですよv-356
自宅介護を15年間もしたのでそれはもう壮絶なものでした。。
未だにその傷は大きくて、介護や認知症などの番組が正面から見られないというか。
でもちゃんと受け止めようと思って、先日、渡辺謙さん主演の『明日の記憶』を母と見てきましたv-91
あの映画はどちらかというと認知症になった本人が
どのような景色が見えているのか
といったのを主体に描かれているので、変な感覚ですが少しだけ楽になれたというか・・
そんな感想を持ちました。
これからも目を背けずにちゃんと向き合っていこうと思ってますv-353

まるちゃんも元気そうでなによりですv-411

  • 2006/06/18(日) 01:17:47 |
  • URL |
  • tekito #-
  • [編集]

>tekitoさん
お久しぶりです。
そうだったんですか・・・・・それは御家族の皆様
本当に大変な御経験をされたと思います。

今祖母は母が看ていますが、身の回りの世話を
しなければならないとは言え、一応自分で食事
やトイレなどを済ませることができます。
それであっても一緒にいる家族は病院のことや細々とした対応や気遣いで大変です。

それを思うとtekito さんの御家族の場合は
本当に日々が戦いの連続だったのでは、と
御推察します。

周りで見ているだけの人の中にはいろいろと
言う方もいますが、でも本当にどれだか大変
だったかは、きっと実際に介護をされた御家族に
しかわからないことが沢山ありますよね。

祖父母たちのことでは、私も、いずれやって来る
自分と夫の両親の老いへの心構えと、
そしてもちろん自分自身にも来る日の現実感
を持ちなさいという宿題をもらったような気がし
ます。

「明日の記憶」、ごらんになったんですね。
私の母もさっそく見に行って、いろいろな感慨
を持って帰ってきたようでした。

まる、元気ですよ~。まるまる太ってまる子です。

  • 2006/06/19(月) 16:15:45 |
  • URL |
  • アンナ #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

アンナ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。