アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

おわらない夏

20050907111024.jpg

ぴゆどんが貸してくれた、小澤征良著「おわらない夏」。

昔読んだ、犬養道子の「花々と星々と」を思い出した。
家族設定も同じだし、芸術家たちが出入りするリベラルな雰囲気
の家庭環境というのも似ていると思った。

子供時代を幸せに過ごせた人はそれが一生にわたって心の拠り所に
なる。過ごした場所がもうなくなってしまっても、その時間の
輝かしさは褪せるどころか年をとるに従ってどんどん増すような気が
する。

それなりに問題も抱えた家庭だったけど、アンナにもそんなふうに
思える子供時代があったなあとしんみり思ったりして。

タングルウッドの素敵な別荘じゃなくて、親戚のいる北海道の田舎の
漁村だったけど、毎年そこで過ごす夏休みもいつもキラキラとして
いた。

海の楽しさと怖さを知ったのも、お仏壇に飾ってある写真でしか知ら
ないおじいちゃんとおばあちゃんに年に一度会うのも、沢山並んで
建っていたお寺の静けさとお線香の香り、おばけの恐怖、新鮮なお魚
や貝の美味しさ、小さな町に鳴り響く盆踊りの曲の郷愁や、燈籠の
美しさ、そして港の匂い、潮風の色、

そんなのを知ったのもぜんぶ、あの「今もおわらない夏」だったなぁ・・・・

はっ、耳は?!


毎朝5時にかじられて起こされてはたまらないので、居間にとじこめて
襖の戸を閉めて、人間2人だけ寝室で寝ることにしてみた。

これでゆっくり朝を迎えられるかと思ったら、早朝、開けてくれと
せがむまるが襖の戸に体当たりする音で目が覚めた。
きぃーーーっ!!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

凄すぎる

こんばんわ。
ねー、ちょっとアンナーっ!
ずっとまるの子供のかわいい姿を見せておいて、このショットは強烈ざんすよ。e-329e-282
クレオパトラの横にいる動物みたいです。(あれは犬か?)
襖に体当たりなんていいじゃん。
かなり頭e-262に来ていたのね、まるったら。
うちはさすがに体当たりはないけれど、トイレにおちおち行けないくらいの後追いと大きな叫び声がとどろきます。 ま、これも幸せってことで。e-265

それはそうと、征良ちゃんって、写真で見るとそれなりだけれど、実物みるとすっごいオーラあるんだってさ。 この本読んで、なんとなく納得。 これだけ愛情注がれている人だもんね。

さ、私たちも、自分の家族に愛情注ぎましょう。 まるに体当たりされてもね。 くくくっ。e-464

  • 2005/09/01(木) 23:07:45 |
  • URL |
  • ぴゆどん #H98EWKpM
  • [編集]

ぴゆどんへ

うしし。どーだ、耳なしまる、参ったかー??
ほんとはもっと変な顔しているときがあるんだけど、デジカメの性能が古くていまいち撮りきれてないの。残念だわ。

トイレにまで後追いするのって、わかる~。
うちも中まで入ってきちゃうもんね。

オーラといえば、最初に会ったときからぴゆどんにもオーラを感じていたわよ。オーラにもいろいろあるけど、美と癒しを感じるオーラって
そんなに多くはないと思う。あらら、また褒め殺し?いやはや。

私も最近、縁あって家族になった人たちをもっともっと大事にしなきゃって思うようになりました。パパの悪口言い過ぎたしね。反省。



  • 2005/09/02(金) 12:00:05 |
  • URL |
  • アンナ #DhuRAo1g
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

アンナ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。