アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

いつか虹の彼方へ

バレエのレッスンの途中でものすごい雨と雷が。ほどなく停電して教室は真っ暗、レッスンテープも止まってしまった。非常灯のわずかな明かりだけを頼りに、先生の掛け声だけでバーレッスン再開。でも突然のアクシデントに何だかちょっとわくわくして面白がったりして。

レッスンの後外へ出てみると、まだ雨がしとしと降っている。自転車で来たのにどうしよう。家で勉強しているfrdに車で迎えに来てもらおうかな・・・・と思いながらふと空を見上げると、くっきりと大きな虹が!完璧な半円がかかっていた。
frdに見せなくちゃ!

濡れた自転車を急いで拭き、サドルにまたがり思いきりこぎ出す。
携帯なんて持っていないので、とにかく虹が消えないうちに一刻も早く家に着いてfrdに教えねばっ!

frdが虹をちゃんと見ることができたら、きっと試験に合格する!って変な願掛けを心の中でして、自転車で走る、走る。
雨脚がだんだん強くなってきて、髪も服もどんどん濡れてくる。途中、いつもはギブアップして自転車を降りて歩いている上り坂も気合でペダルをこぐ。

ようやくアパートの玄関につくと自転車を乗り捨てて玄関の戸を開け、「frd、早く!外へ出て!」と叫ぶ。
大体いつもお互いに似たようなことやっているので、およその察知をしたfrdが大急ぎで奥の部屋から出てくる。
「早く!虹が消えちゃう!」
傘をわしづかみにして2人で大急ぎで家を出て公園まで走る。

そして真中辺りまで来て後ろの空を振り返ると、はたしてそこには何と2重に増えてよりくっきりと色鮮やかにグレードアップした虹が!
「わお!」「きれい」

2重の虹を見るのは生まれて初めて。
何より、消える前にfrdが虹を見られて良かった。

しばし2人で心を奪われたかのように見入って、やがて外側の虹の弧と内側の真中から半分が薄くなってきたころ、顔を見合わせて微笑む。何も言わなくても心の中は充足した気持ちで一杯。

気が付くと雨はすっかり上がり、frdは傘をたたんで歩き出し、私は風邪をひきそうだったのでシャワーを浴びに家に駆け込んだ。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

アンナ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。