アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

メンテナンスして自分に付き合う

今日歩いていたら、向こうから大きなゴールデン・レトリーバーが二頭やってきたので、可愛いなあと思いながら通り過ぎようとした瞬間、またしても二頭とも一斉に私に飛びついて来た(飛び掛って来たのじゃなくて)。
あわてたけれど、飼い主さんがすんでのところで押さえてくれてほっとする。

こんなことがしょっちゅうなので、「ああ私ってば、また犬フェロモンを発散してしまったのね・・・・」と少し悩ましい気持ちになりながら歩いていて、はっとした。

違うかも・・・・。
ずっと犬フェロモンだと思っていたけど、もしかしたら、15年来愛用している香水のせいかも・・・

そういえば、まるも時々私の首筋ぺろぺろしているしね。
この推測はほぼ間違いなさそうだわ。

  
うつ病がひどくなってもう1年以上バレエをお休みしていたSさんから電話をもらった。すごい!Sさんの方から電話くれるなんて。前に電話した時は電話口に出てくるまでとてもつらそうで、話もしたくないっていう感じだったのに。

いつかレッスンに復帰する時に気後れしないようにと思って、さりげなく今のメンバーの状況や人数など手紙で知らせてはあったのだけど、なんと今週からぼちぼち復帰するつもりだという。何だかすごく嬉しい。

「ずっと家にいて治るものでもないし、やっぱり少しでも外へ出たほうがいかと思って・・・」と話すSさんの声は心なしか力がこもっていた。でも頑張ろうね、とは言えないので「じゃあぼちぼちレッスンで会おうね」なんて変な言い方しちゃったけど・・・よかったかな?

レッスンのバーはいつも隣同士だったのでまた一緒にできるのが楽しみ。

  
体調不良だったり、心が落ち込んでなかなか立ち直れなかったり・・・つらいけれど、こんな状態を早く完治させて元気にならなければ、って頑張るのはもっとつらかったりもする。

そしてそもそも「完治」するのを待っていたらいつまでも完治しないのかも、なんて思ったりする。

よくするための治療や努力はもちろんするけれども、それよりも、この調子の悪い状態とうまく付き合っていく力の抜けた覚悟(?)のようなものの方が、案外日々を過ごしていくのに必要なのかも。

  
ひろちゃんの治療院で開催された「バッチフラワー・レメディ」の講習会に参加して、トリートメントボトルを作成してもらった(みかんちゃんがこちらに詳しく書いています)。

バッチも日々を自分らしくよい状態で過ごすために取り入れてもいいかなと思ったものの一つ。
別に体に直接作用する訳でもないし、不調の根治治療でもないけれど、その日一日の心の状態をこまめにメンテナンスして、よい状態をキープするということに魅力を感じる。

漢方薬を飲む以外に、バッチやアロマオイルを使ったり綺麗なものを見たり聞いたり、時々鍼やマッサージを受けたり。そして大好きなことを続けることと、家族が仲良くいること。

そんな感じで行けば、いろんな不調もなんとなくやり過ごせて(これから来る本格的な更年期も!)自分とそこそこうまく付き合っていけるかもって希望が湧いてくる。
20060928204648.jpg
アンナが留守の時のママ代わり・白うささん
スポンサーサイト
このページのトップへ

なんてことない日曜

20060924201735.jpg
近所の散歩コースに住んでいるおばあさんわんこ。大地を抱きしめるようにして寝ます。

先週、アンナパパたちと食べに行ったラーメンがあまりにまずかったので、リベンジ!というわけでもないけど、frdが職場の同僚が「こんな旨い塩ラーメンは食べたことがない」と絶賛したという名水ラーメン厚別店に食べに行く。

塩って、いつもはほとんど食べないんだけど、そんなに美味しいならと思って注文した。味は、確かにかなりポイント高し。もやしの炒め方もうまいし、チャーシューもいけました。
今度は激辛ラーメンに挑戦しよう。でも、frdの体重が70キロ台に乗ったらね(あとちょっとのところでなかなか切れない80キロ台)。

帰り道、腹ごなしに平岡公園の中を散策。
ここではもう2度も大嫌いなヘビを見かけているので、あんまり芝の中は歩きたくないんだけど・・・・足元を確認しながらこわごわ歩いた。
20060924201753.jpg
frdの勉強。あなたにもできる「共犯」
20060924201744.jpg
そんなこわいことべんきょうしてたんですかっ。
このページのトップへ

ブランコその2

よし坊が、ブランコって「鞦韆(しゅうせん)」とも言うんだよって教えてくれた。中国から来た呼び方で、春の季語だそう。
俳人でもあるアンナママに何か例になる俳句あるかしら?って聞いたら、すぐに出てきたのがこれ↓

鞦韆を漕いで湖の山を蹴る

すごく威勢がよい感じ。
俳句を始めたばかりのころの句だからあまりよくないんだけどね、って謙遜していたけど、今まで何百何千って作ってきて、すぐに出てくるところはさすがだわ。

ちなみにブランコの起源は古代インドで、太陽の恵みを受けるために、女の人がブランコに乗る儀式があったそう。太陽と結婚することを意味したとか。
太陽と結婚、か。いいねー。

北海道では雪が降る前に、公園のブランコは全て分解して撤去される。
暖かい太陽ともしばらくのお別れです。
このページのトップへ

夜空を見上げる

台風も去って雲がすっかり晴れたので、昨晩はfrdと街の灯りが届かないところまで星を見に出かけた。
久しぶりに見る満天の星たち。ミルキーウエィがうっすらと流れ、その周りを砂金のような星々が音もなく瞬きをしていた。

光が地球に届くまでの膨大な時間を考えたら、今見ているあの星ももう存在しないのかもしれないよね、などと話していると、くらくらと気が遠くなってくるみたいだった。

ふと、この間ぼちさんが、
「死ぬこと自体はそれほど怖いとは思わないけど、大切な人たちと別れなければいけないということがすごく怖い」
と言ったのを思い出す。

でも、この空のどこかからかひとりでやって来て、
そしてまたたったひとりでどこかへ還って行くのだな、と思うとその圧倒的な理の前では小さな人間の孤独とか不安や悲しみという思いなんてかき消されて、遠く空の彼方へ吸収されていってしまいそうに感じる。

家の電灯の下に戻ると、そう感じたことが今度は逆に遠く感じてしまうのはわかっているのだけど。
20060921095500.jpg
朝食用に焼いたシンプルで大雑把なパン(笑)。
frdがハマナスのローズヒップを採って来て作ったジャムを
添えていただいた。
沢山作ってアンナの友達に分けてあげる!と意気込んでいたけど、
実が固くて、できあがったのは小瓶の底にちょっぴりでした。
でも美味しかった。
20060921095511.jpg
ご飯の時間まであと1時間、我慢しなさいね、と諭したら、「おくれよぅ」とばかりにカリカリご飯の入った袋を抱きしめてずっと離さない。
わかった、わかった。じゃあ、
20060921095520.jpg
お手
このページのトップへ

ブランコに乗りたい

今日はひろちゃんと図書館で待ち合わせた後、大好きなカフェでしばしティータイム。
お店の前が小さな公園になっていたので、お店を出た後にひろちゃんを誘って迷わずブランコに突進!

私はブランコが大好きなのだ。
ブランコを思い切り漕いで空を仰いでいると、お腹のあたりから何か固いものが抜けていって、私の中の小さな子供がケラケラと笑い出す。

さすがに1人で乗って、変なおばさんが1人で嬉々としてブランコに乗ってる!と子供たちから思われるのは嫌だけど(笑)、誰かと一緒だと平気。

もしいつか小さな庭のある家に住むことができたら、必ずブランコを作りたい、というのが密かな願い。
20060919201617.jpg
このページのトップへ

養老さんちの「マル」

20060918192429.jpg
近所のノラにゃんこ。真っ白の猫がこの辺
になぜか3匹くらいいる。他の共通点は「異常に人懐っこい」こと。ノラの知恵??

frdが出張で乗ったJALの機内誌を持ち帰ってきた。
いつもエッセイを載せている養老孟司さんが、自分の飼っている猫の
ことを書いていたというのだけど、なんとその名が「マル」。
読んでみると、何だかうちのまると性格まで似ているのでほほえま
しい。

そうか、養老さんは猫派だったのね。マルちゃん、どんな顔している
のかしら。

もう一つのお土産は、出張先で買って、車の移動中にずっと聴いてい
たというエンヤの「アマランタイン」。欲しかったので嬉しい。

エンヤって、メロディメーカーとかシンガーっていう呼び方は当て
はまらないよね、などとfrdと話す。
そうね、声を使ったヒーラー、というの方が少し近いかも。
表現が難しいけど、聴いていて気持ちを一定のよい状態に保ってくれ
るような感じ。だから、ずっと聴いていても、飽きるとかということが
ないもの。

日も暮れてきて、居間に灯りもつけずに、エンヤをかけながら台所で
ゆっくりと夕食の準備をしていると、とても平安で幸せな気分になる。

今晩は、久々に水ギョーザ。
市販の皮はすぐに破れてしまうので、薄力粉400に塩水4割強を加えて
ひたすらこねこねしたタネを冷蔵庫で30分寝かせてから皮づくり。
具の方は、ダイエット中のfrdのために、野菜7:豆腐2:ひき肉1
で作った。厚めの皮がぷりぷりでおいしい。しかもローカロリー。
20060918192440.jpg
でも結局食べ過ぎて、失敗。
パンパンになったお腹をさすりながら、ギョーザなんか作るから、
とfrdからなじられる(そんな・・・)。
やっぱりしばらくはfrdの好物も作れないね。
このページのトップへ

おもちゃを探してください

広島から弟K、義妹のMぞう、甥っ子のS之進、東京からMぞうパパ、ママが大集合してくれたこの数日。

Mぞうパパとママには、弟たちの結婚式でお会いして以来なので、もう
7年半ぶりくらいかな。ちゃんとお話したのは初めてだったので、
とても嬉しかった。

Mぞうパパは知的さとアグレッシブな面とストイックな面を絶妙な
バランスで併せ持った魅力的なおじさまであった。

私はfrdの手前ほとんど飲めなかったけど、お酒にお付き合いしつつ
もっといろいろとお話を聞きたかった。ちょっと残念。
何でも毎朝2時か3時には目が覚め、その後早朝の散歩で9千歩は
歩くそう。散歩から帰ってから飲む「朝のビール」が最高らしい。

そのパパを長年支えてきたMぞうママは、アンナママから聞いてはい
たけれど、まさにマリア様のような包容力のある優しい方で、frdも
感動していた。まさにこのMぞうママが家庭にあってこそ今のパパが
在りき、という感じがはたから見ていてもわかる。

本がとてもお好きらしく、きっと自分の世界をちゃんと持っていらっ
しゃるのね。いろいろとお手本にしたいなと思うわ。

さて、楽しかった数日間も終わり、いよいよ皆さんお帰りになるという
時、S之進がいきなりぐずりだした。

聞くと、おもちゃがないという。でも、どんなおもちゃなのか、
はっきりしない。どんなおもちゃなの、と聞いているうちにだんだんと
泣き声になってきて、しまいには大声でしゃくりあげている。

「お願いします、お願いします、うっ、うっ、探して、ひぃっく、
下さ、あ、あ、い、お、お願いします、うっ、うっ、あー、あ、あ、あ、あ・・・ひっく、お願いですぅ」

真剣に訴えるその姿にびっくりしながらも思わずもらい泣きしそうに
なる(笑)。

きっと、パパもママも両方のおじいちゃんおばあちゃんも(あと
frdも私も)みーんな揃って楽しかったお祭りが終わっちゃって、
それぞれバラバラにお別れしなくちゃならない。

おもちゃを探して!
と訴えることで少しでもそれを延ばしたいと思ったのか、気持ちを
そらしたいと思ったのか、とにかく5歳のS之進にとって精一杯の
気持ちの表現だったのかもしれない。

皆の気持ちの代弁してくれたのね、などと言いながら、アンナママも
既にウサギ目。ああ、まずいよまずいよ、また見送りして家に帰って
来たら号泣するんでしょ。

JRの駅で皆さんをお見送りしたとき、Mぞうママもウサギさんに
なっていたのを見て、まずい、私までもウサギになりそう。
必死にこらえてお別れの手を振った。

これだけ賑やかに過ごして一斉に帰っちゃった後は、いつだって残った方が寂しいのだよね。
アンナパパとママを2人だけでまっすぐ家に帰すのが心配だったので、
ワンクッション置かせてあげようと、frdと4人でラーメンを食べて
帰った。

ラーメン屋さんでもラーメンすすりながら鼻すすっていたママだけど、
また明日から俳句会やら塾やらやることは沢山あるから、何とか
大丈夫かな。やること、やらなくちゃならないことがあるというのは
とても救いになることだと思うわ。
20060917212652.jpg
淋しいからまるちゃんを貸して、とママ。
いつでもどうぞ。ヒーラーにゃんこだからね。
このページのトップへ

おかげで本をたくさん読めました

20060914094512.jpg

バレエのレッスンで左回りのピルエットをしている時、足の甲を変なふうにひねって挫いてしまった。うわーーん。痛い!湿布を貼り、びっこひきひき家事をする。来週までに治っているかなあ。

1週間の出張からfrdが帰ってきた。

この1週間は母の都合で塾もほとんどお休みにしたので、これは膨大な自由時間が手に入った、とばかりにやりたいことを集中してやっていた(ほとんど家の中のことばかり)。

分散していろいろなことを少しずつした方がいいのはわかっているのだけど、やり始めたら止められないので無理にやり続けてちょっと疲れ気味。休みなしでアイロンがけ2時間半、読書6時間、DVD鑑賞1時間半、お裁縫3時間、勉強ちょびちょび(笑)、こんな感じで数日やったら目と肩、腰に来た。おばかです・・・。

frdが帰ってくると日常が秩序正しく回るので、体調も気分もいい
このページのトップへ

梅子感激

20060914094452.jpg
ぴゆどんから頂いた手作り梅。
塩分20%で作ったから料理用ね、って言っていたけど、梅子の私とし
てはまずは白いご飯でいただきたい。
いつもは玄米100%だけど、このために白いご飯を炊きました。

うーん、正しい梅の味がするわ。
正しい梅の旨み、正しい塩辛さ。お茶碗2膳食べちゃった。
はちみつ漬けみたいな甘いのも好きだけど、あれじゃ日の丸弁当は
無理ねと思う梅子である。

このページのトップへ

これはおいしい

20060914094436.jpg
長期出張から戻った弟とMぞう、S之進が
実家に遊びに来ている。これは広島の隠れた逸品なんだ、ってお土産
にくれたバターケーキ。中はしっとりで外側の焦げが香ばしくて、
すごくおいしい。
賞味期限が明日までなんだけど、明日の晩に出張から戻るfrd、
さて間に合うか?!いや賞味期限じゃなくてわたしの全部食べ尽くす
スピードに。


このページのトップへ

レッスン室の匂い

20060910203509.jpg

昨日は2週間ぶりのバレエ、しかも2ヶ月ぶりのトゥシューズだった
ので、レッスンの後半ではもう脚ががくがく。床にリノリウムを
敷いてあったというのに、何度もすべって転びそうになったので、
怖くなって休んでいた。ほんと体力ないなぁ・・・。
おまけに今日は朝から脚がひどい筋肉痛~。

この間、実家で吉田都さんの出ていたテレビを見ていたら、都さんが
「子供のころ、トゥシューズの匂いが大好きだった」と言っていたの
を思い出して、さっき何気なく自分のシューズの匂いを嗅いでみた。
汗臭い匂いしかしなかったけど・・・(笑)でもなんとなくわかる
ような気がする。

私はレッスン室の独特の匂いが好き。
おはようございま~す!って入っていった時のレッスン室の匂い。
まあこれも汗臭いんだけどね。
あと床や鏡やバーや、目に入るすべてがわくわくして大好き。

  
ぴゆどんが「これ読んで~」と、どっさりと本を送ってくれた。
面白そうなものばかり。
中でも「ペットのためのハーブ大百科」は圧巻。
本当は自分で栽培して調合できたらいいのだけど、なかなかね・・・
さっそく巻末に載っていた、ハーブサプリ取り扱い会社から、
まるのためによさそうなハーブがたくさん入ったサプリをネットで買う。
このページのトップへ

気高い花

20060908210712.jpg

会社で私の今日のブログをチェックしたらしいfrdが、

「アンナ、まずいよ。あんな書き方 したら、コイツ、スー・チー
さんがタイ人だと思ってる、って思われるゼ!」

とニヤニヤして言うので、じゃあ訂正するよ、と言うと、

「訂正したら、きっと誰かに指摘されて間違いに気付いたと思われ
るゼ!」

とイジワルなことを言う。

知ってるわよ、そのくらい・・・
スー・チーさんの書いた本も持ってるし。
ただスー・チーさんも同じようなスカートはいているから・・・
うぅ、言うほど何だか言い訳に聞こえる・・・まずいかも
一応、今日のつけたしでした。くく苦しい・・・
このページのトップへ

わたしの景気づけ

月兎のサイクルもあったのだけど、ちょっとしたことがあって数日前までひどい落ち込みだった。景気付けに(笑)ずっと欲しいと思っていた、タイシルクの巻きスカートをネットで購入。元気が出る
届いたのでさっそく着てみると、鮮やかな赤が美しく体にしっとりとまつわる柔らかさ。すごーく嬉しくなって、思わず会社にいるfrdに写メールしてしまう↓

髪をアップにして花の髪飾りをして、気分はアウン・サン・スー・チーさん
NEC_0183.jpg
すっごく嬉しい嬉しい!気分よくなった!
来週はこれ着てお出かけだわ。

もいっちょ景気付けに(笑)図書館から借りてきた、大好きな海原純子さんの「『心』がおちこんだとき読むクスリ」

海原先生、ほんとに大好き。いろんな葛藤を乗り越えてきた大人の強さと女性らしいしなやかさと母性を感じる、憧れの人。

心に残ったとこだけメモ~

「真の大人とは、人からの評価や人に認められることではなくても、
どんな小さなことでも自分の専門、自分のテーマを見つけていくこと
だと思います。たとえ、それがお金にならず評価されることがなかっ
たとしても」

「人から評価されなくても、自分が本当にしたいこと、プロセスを
楽しめることを始めれば、それは、自分らしさを生かすことになり
ます」


「人は病気になったから何もできなくなるわけではありません。
たとえベッドに寝たきりになっても、人には必ずそのときにできる
ことがあります」
 ←(寝たきりであっても、笑顔や言葉でfrdや家族の心の支えになっているお義母さんを思い出してちょっと涙ぐんだ)

「『そのときにできることをする』このテーマは、私は人生のテーマ
だと思います。そのときを生きることができる人は、たとえ病気でも
弱くても、十分自分に自信をもち、自分を好きになることができる
のです。元気で丈夫だから、キャリアウーマンだから、子育てして
いるから、立派なのではありません」


20060908095448.jpg
あちこちからかぼちゃが集まってきて、
さばけなくて困った・・・アンナママが昔よく作ってくれたかぼちゃ
団子を作っておやつにしてみた。素朴で懐かしい味。
このページのトップへ

こ、壊れていなかった・・・・

20060907102312.jpg
しあわせそうだね、まる
20060907102335.jpg
見ているだけでアンナも嬉しいよ

もう見られないんだし、このテレビも不要ね。業者さんに廃棄を頼もう。あんまり気に入っていなかったテレビ台もゴミの日に出しちゃいましょう、と思ってズリズリとテレビ台ごと動かしていたら・・・

はれ?これなに・・・・

なんと、テレビ本体からぶら下がっているものが・・・

はい。
紛れもなく、コンセントでした。

はれー、ちゃんと確認したんだけどな~
何で気がつかなかったのかな~はれー、はれー??

自分のマヌケ度にどんどん不安になりながらも、とりあえず
テレビの買い替えも当分しなくていいことになりほっとする。
それと、ビデオを観ながらやっていたバレエ、ピラティス、ヨガ、ベリーダンスのワークアウトもできるし、
どうしても見たい特集番組がある時に、わざわざ実家まで走って行かなくてもいいし、
やっぱりテレビはあった方がいいなと思う。

といいながらも、壊れたと勘違いしてからしばらくの間、本当に平和な時間が我が家に流れていたのも事実で、だらだら見の自己嫌悪もなくなったし、本を読む時間も増えた。

この変化をまた元に戻すのも惜しいと思い、壊れていないと気付いてからも全くテレビをつけていない私。
何せこの数日の皇室関連の速報すら見なかったというのだから、皇室ウォッチャーの私としては大変なことなのだ(笑)。

でも、まだまだこの感じでいけそう。
なしでいけそうな間を読書強化期間に決めていたので、せっせと読んでいるし。ジャンルも堅いのからやわらかいのまで、家に積んであったのとか、買ったり借りたりしたのとか、いろいろ。

ぴゆどんがダヴィンチ・コードを貸してくれるというので、遅ればせながらトライしてみよう。
あと、いつか読破しようとずっと思っていてはや20年くらい(笑)の、シェイクスピア全作品。いくつか読んだものももう一度読み直して、何とか頑張ってみたい。とっかかりは、マクベス。あともう少しで読み終わるから、次はコメディの方にしよう。悲喜悲喜で交互に読んでいかないと、重くて落ち込みそうだから。

テレビは、緊急のニュースは別として、
今のところ今月の15日にバレエの吉田都さんが出る番組を必ず見るつもりでいる以外はたぶんほとんどつけないと思う。
20060907102232.jpg
この夏は本当によく食卓に登場した
ラタトゥイユ。アンナパパ手作りの茄子、トマトで。
20060907102243.jpg
「冷や汁」を我が家流に野菜たっぷりで
アレンジ。熱々のご飯にかけて頂く夏の定番です。
このページのトップへ

frdは勉強とダイエットに燃えてる

北海道はもうすっかり秋の気配。
ひんやりした風を感じながらふと見上げると、薄い水色の空に
トンボの大群が飛んでいた。

気持ちの良い秋晴れが続いて、もうずーっとこんな感じだったら
いいのになと思うくらい。
義妹と甥っ子が遊びに来ていた8月の末は、どんよりして蒸し暑い
お天気続きだったからちょっとかわいそうだった。
こんな気持ちの良い北海道の秋を楽しませてあげたかったな。
20060903202201.jpg
まるの夏の思い出はひたすらお昼寝ですか
20060903202217.jpg
・・・たしかに、「うちわ」しかない
家じゃね・・・来年は扇風機を買ってあげようぞ

先週、ぴゆどんとひろちゃんが遊びに来てくれて、昼間から飲んで
食べてしゃべって・・・という女盛り3人のかしましい会となった。
詳細はぴゆどんが書いてくれたよね、ありがとう。
話題の一つに出た「コーポラティブ・ハウス構想」が、あの日以来
頭の中でどんどん広がっている。

これから老年に向かって夫婦2人だけで暮すよりも、お互いによく
知っていて価値観もさほど違いのない、常識を持った同士が集まって
程よい距離を保ちながら共同で家を持つ、というのも選択肢の一つに
ありかな、と思う。

ただ問題はやっぱり土地ね。
田舎寄りの場所がいいというところは一致していても実際に的を
しぼるとなるとなかなか難しい。

それとうちの場合は、、、
とにかくfrdが早く
海の生き物なのか山の生き物なのかはっきりしないうちは
やっぱり家どころじゃないわ。
ねっ、frd。

そんなfrd、
先週から始めたウン度目となるダイエット、順調に進んでいる。
今回はかなり本気のようだわ。

frdの部屋の壁に、モチベーション維持のためにfrdが書いた決意表明
(?)が貼ってあった。
くくく・・・面白い。
20060903204316.jpg
わかりやすいわね
20060903204324.jpg
本当にこんなにカッコよくなるの?
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

アンナ

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。