アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

このごろ

20060830165834.jpg

しばらく更新していなかったなあと思ったら、あらら今月はまだ
3回しか書いていなかったのね・・・。
8月ももう終わり。
いろんな出来事があって、夏バテとなんとか付き合いながらも充実した
夏だったなぁ。

体調もおおむね○。心はもっと○。
日々の淡々とした生活が楽しくて仕方ない。
なんとなく、風通しがいい、と言ったらいいのかな。気分的に。
また新しい風が入って来そうな予感がある。
大小に関わらず、変化はよいものとして受け入れたいな。

テレビが壊れたのをきっかけにして、ちょっとだけ生活のいろいろを
見直そうと思っている。
テレビをはじめ大小の家具や不用品も処分したいし。

テレビなしの生活の感想・・・1日の時間が少しだけ長くなったような
感じ。その分ネットに流れていたら始末悪いんだけど(笑)
でもそれも短縮していきたい。
20060830170707.jpg
先日高らかにウン度目のダイエット宣言
したfrd(笑)のための、ダイエット基本メニュー。
と言っても本格的なものじゃなくて、ご飯無し、野菜沢山、という位
のものなんだけど。温野菜は満腹感があって◎
スポンサーサイト
このページのトップへ

ロハスへの第一歩?

20060815111047.jpg
あちこちに咲いている「野良人参」
お花屋さんに売っているレースフラワーにそっくり。しかもタダ!
すばらしいわ(笑)

  
テレビが壊れちゃった。
今朝突然スイッチが入らなくなって。18年位かな、お世話になったの。普通、テレビの寿命ってどのくらいなのかしら。

今からだと当然、地デジ対応のものになるんでしょうけど、
frdの脳ドックやら車の修理やらで少々出費がかさんでいるこの頃。
思い切ってしばらくテレビなしの生活してみましょうかとfrdと話す。

もともと今はほとんどテレビを観ないfrdにとっては支障ないわね。
ニュース番組を観られないのはちょっと不便だけど、速報はネットで
見られるし。

さあ、どのくらいまで我慢できるかな~。
我慢できなくなるとしたら私の方でしょうけど(笑)
20060815111102.jpg
ねぇ退屈だよぉ~ん、
どこか連れてってよぉ~ん
20060815111112.jpg
そんなとこ入って待ってたって、行くのは
お医者さんのとこかおじいちゃんの家ですからね!
このページのトップへ

脳のチカラ

北海道でさえ連日30度を越す暑さで、参りました。
北極の氷がどんどん溶けているのだから、
北海道ももう昔の北海道じゃないみたい。
20060812210837.jpg
まるも完全にバテバテ
20060812210859.jpg
ちょっと歩いてはゴロン
20060812210850.jpg
またちょっと歩いてはゴロン

逆境をいかに乗り越えるかということについて脳科学の視点から
検証した面白い番組があった。

キャスターを務めていた脳科学者の茂木健一郎さんによると、

偶然の幸運を掴む能力のことを専門用語で
「セレンディピティ」といい、それはどういうことかというと、

逆境にあって苦しい時、
答えを求めて常に世界に対して質問を発していると脳に隙間ができる。

そういう時に他人との会話や何気なく目にした言葉などの
情報のうち、その隙間にぴったりとしたものが入って来た時に
それをぱっと掴むことができる能力ということらしい。

自分で考えて考えて、さらにいろんな人にあったり
いろんなものに接することで、そのセレンディピティを
高めていくことができるとのこと。

なるほど。
それって言葉を変えると、生きる力ということかもしれないなあと
ふと思う。

偉い人の言った言葉や珠玉の言葉じゃなくても、
よりよく生きるためのヒントは、たぶん身近なところにたくさん
転がっている。

キャッチするアンテナと、
受け入れる素直な心は持ち続けていたいと思うわ。
20060812210907.jpg
もう目がうつろ(笑)。
このポーズのままずーっと物思いにふけっていました。
このページのトップへ

専門家に聞け

学生時代の友人のハルの家に焼き鳥を持って遊びに行く。
気を使わない友達の中でも特に彼女は気を使わなくていい
人なので、気楽。
向こうも部屋のお掃除なんてしていないで待っていてくれた(笑)

彼女の仕事の専門柄、いろいろとアドバイスもらいたくて、
ずっと悩みの種になっているある男の子の相談をした。

「生きる力のある子なら、何らかの手助けや助言によってたとえ
少しずつでも立ち直ることができるのよ。
でも、そういう力のない子ならいくら助けになろうとしてもだめ!!
共倒れになってしまうよ!」

現場で何度も修羅場をくぐった彼女らしいはっきりした意見。
相談してよかった。少し気持ちが楽になったかな。

とはいえ問題なのはその子の私への依存度。
今は距離を置いてはいるのだけど(かなり無理に)、
はっきり言ってすごく怖い。
場合によっては引越しも検討しているほど。
20060806222415.jpg
ちょいと「うたた寝」のポーズ
20060806222426.jpg
激寝のポーズ
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

アンナ

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。