アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

T君の涙

塾に来ている中三のT君。いつもはうるさいくらい賑やかで、叱り飛ばしながら勉強させているのだけど、今日のT君は大粒の涙をぽたぽたこぼしてうなだれて私と私の母の前にいる。

両親が離婚、諸々あって今はおばあちゃんに引き取られているT君。
ただでさえいろいろと複雑な環境にありながら、この数日はまた家庭内の大変な嵐に見舞われてしまったT君。

T君にはちっとも非がないのに、大人たちがやったことでなぜこんなつらい思いをしなければならないのだろう。
本当は淋しいのにいつも明るくふざけて笑っている君の顔をこんなに曇らせてしまった大人たちの罪の重さを感じる。

受験を控えた大事な時期なのに、学校にも行けなくなってしまったT君。

動物が大好きだから、獣医さんになりたいって夢を持っているT君。
君を取り巻くこの家庭環境から脱却して自分の居場所を作っていけるのはね、結局は自分しかいないんだ。つらいけど、だからこそ、頑張ろうね。

母と相談して、勉強面でのサポートを別枠の個人授業でできるだけやってあげることにする。

Tくん、高校に進学していずれは受験のために予備校に行くとして、しばらくは高校の授業の理解と基礎固めの勉強まではみてあげたいと思う。

それともう一人、今来ている高2のM君。
高2の教科書も終わりころになると、そろそろ文法説明に時間がかかるようになってきた。
私自身が問題を解けるだけじゃ全然だめ。わからない生徒に噛み砕いてわかりやすい説明を、適切な例文を使ってできて、どんな質問をされてもすぐに返せないとならないということを実感してきた。

そんなこんながあって、そろそろまたもう一度、高校文法をきちんとやり直す時期かなと思い、手をつけ始めた。
そう言えば青山静子さんの本には、教えるためには、文法のテキストを10冊は解いて、どんな問題にも対処できるようにしなさい、とあったなぁ。10冊か・・・・うーん。できるかな。

文法のテキストなんか開いているのを見るとfrdは、そんなことより会話の勉強した方がいいんじゃない?と言うけれど、
私の第一目的は学校の英語の勉強につまづいている子のための助けになることなので、これでいいのだ。
P1010415.jpg
正面は立派なまる小屋。
P1010416.jpg
でも後ろは吹きさらし。
スポンサーサイト
このページのトップへ

胃カメラ終了

PB300439.jpg
frdが昨日からまた金曜までの出張なので、ひとりご飯。女度が下がっているときに無性に食べたくなる、イソフラボン補充ご飯。大豆ときのこのトマト味スープ。生クリームかけて雑穀米と一緒に。

朝から大荒れの天気で出かけるのが億劫だったけれど、胃カメラの予約を入れていたので頑張って行く。
地下鉄駅から出ると雨はあられに変わっていた。痛くって寒かった!!

胃カメラ、今まで受けた中では先生のテクニックが一番よかったかも。あと声かけもすごく大事だなと思う。最初はやっぱりげぼげぼやったけど、途中からはリラックスしてすんなりといけたもの。
結果は問題なし。
でもやっぱり胃は痛い。これはもうこういう体質になってしまったと思って付き合っていくしかないのかなとあきらめる。

さて次はいよいよ一連の検査のフィナーレにして最大の難関、直腸検査。今週の金曜日。
説明を聞くと、2リットルの下剤を飲んで腸の中身をすっかり出してしまうらしい。検査そのものよりも、これが相当つらいとのこと。
検査の後もしばらく体力回復しなくてつらいみたい・・・・。
土曜のバレエは無理かも。
PB280293.jpg
まる子さん、食べかすがお口についてますよ!この頃すっかり偏食になって、カリカリのドライフードしか食べない。
このページのトップへ

ぺったんぺったん

PB270287.jpg
お昼ごはん。冷蔵庫になーーーんにもなかったので、キャベツと桜えびだけのシンプルなお好み焼き。ベーキングパウダーを少し入れてふわっとさせてみた。

昨日に引き続き、お餅つきのお勤めがハードで、一日の半分くらいを寝て過ごす。どうしてこんなに眠れちゃうんだろうというくらい寝てもまだ眠い。体も顔もむくんですごいことになっている。実際、脳もむくむらしい。だからボーっとするのかしらん。こんな日は誰にも会いたくない。
PB270290.jpg
丸まって寝ていた籠から伸びてびろ~んと・・・
PB270291.jpg
でも半身は残ってますから。
このページのトップへ

ぼけぼけ

P1010282.jpg
P1010283.jpg

絵葉書のストックがそろそろなくなってきたので、昨日、大丸藤井セントラルで買ってきた葉書。この絵を描いた人、本当に猫のことをよくわかっている人だわ。あまりに可愛くて、出すのがもったいなくなりそう。

今日はバレエの日だったのだけど、なんだかボーっとして、レッスンの場所が違うことを忘れて遠い方へわざわざ行ってしまった。いつもの部屋のドアに私たちのバレエサークルの名前じゃなくて「混声合唱団」と書いてあるのを見つけて、頭が真っ白になった。
急いでまた自転車にまたがり、ぜーぜー言いながらもうひとつのレッスン会場へ。こっちの方が家からすぐの場所なのに・・・・(涙)

だめだー。今日から数日お月さまに帰って餅つきをしなきゃならないのだわ。体も重いし頭もがんがんするもの。
今日何とかできたことはバレエだけ。
だらだらのろのろ。まあそういうときもあるね。
20051127210144.jpg
牡蠣が半額!即買いで晩ご飯は牡蠣の炊き込みご飯とのっぺい汁、糠漬け。舞茸を入れすぎてご飯が黒っぽくなっちゃったのは失敗。
このページのトップへ

やられた・・・

P1010285.jpg
朝起きてみると、こんな無残なことに・・・・。ずっと前に友達からいただいた引っ越し祝いなのに。犯人はあの猫に違いない。

frdと2人そろってインフルエンザの予防接種を受けに行く。
連日ニュースであまりに脅されるので、さすがに今年は受けておいたほうがいいかなと思った。frd、受験生だし。

この数日、frdがうるさい。なにかというと、結構食べているのに体重が減っているので心配だという。frdのお父さんも糖尿病だし、遺伝も十分考えられるからちょっと心配になって「で、何キロなの?」と聞くと、83キロ台が82キロ台になったとのこと。
変わってないじゃん、っていうより、
あなたもっと痩せていいですから!

病院の後、frdは会社へ。私は、札幌の某デパートへ。
某老舗菓子メーカーに勤めるfrdのお兄さんが出張で札幌の某デパートの店頭に出ているらしく、お兄さんから「サクラでいいから来るように」とのお達しが出たのだ。

行ってみると、てっきり店頭で販売しているだけかと思ったらなんとお兄さんは白い帽子を被ったパティシエ姿でお菓子の実演作成をしていてびっくり。
「お兄さ~ん」と手を振ると、「おうっ!」って片手にチョコレートの鍋を持ちながらブースから出てきてくれる。
そのパティシエ姿があまりに似合っていたので、急遽インスタントカメラを買いに走りお兄さんを激写してしまった(デジカメ持っていなかったのが残念!)。

いろいろなお菓子を家族割引で買わせてもらって、たくさんお土産までもらって嬉しかった。
※ ※
frdの従姉妹のAyaさんとメールのやりとり。
frdの家に伝わる、おばあちゃま直伝の鮭の飯寿司の作り方を教えてもらった。

毎年お義母さんが上手に漬けていて家族みんな大好きだったのだけど、もうその味を味わうことができなあとお義父さんもfrdも淋しそうにしている。Ayaさんのお母さん(frdの伯母さん)も同じものを毎年作っているので、お義母さんに聞けないかわりに作り方を教えてもらったのだ。

上手にできるかわからないけれど、年末にトライしてみるつもり。
さてさて、わくわく。
※ ※

P1010286.jpg
私のセンスでは、次はこうなります。
P1010284.jpg
厳罰。袋つるしの刑。
このページのトップへ

おうち仕事、おうちご飯

20051124205846.jpg
あっ、湯気で曇っちゃった(笑)。私のふくらはぎくらいある立派な大根を頂いたので(エラく太いちゅうことですの)シンプルにふろふき大根ねぎ味噌がけ。
20051124205837.jpg
ふつうに肉じゃが。こうしてみるとうちのご飯ってほんとにふつうの「おうち和ご飯」というか地味飯ですねぇ。
高い材料ってあまり買わないし(買えないし)、凝った物じゃないし。でも多分、うちはずーっとこの路線でいくだろうな。

ご飯の写真アップって、日々の台所仕事が報われた気分になってちょこっと嬉しい(笑)。

今日は一日家のことをやって過ごした。
ガスコンロ周り磨きと、ストーブの分解掃除!部屋中ドライバー駆使するのが得意な女なのだ。
年末に一度にやる大掃除は体力的に無理なので、ちょっとずつ進めて行く予定。
あとはお洗濯3ラウンドと片付け。それと書かなければいけなくて気になっていた手紙2通。これが一番時間がかかってしまった。目上の方に出す手紙って疲れる。ふぅ。
20051124205736.jpg
猫の前足フェチです。こうやって丸く折るのがかわいい。
このページのトップへ

照らす灯りに

P1010404.jpg
すっかり葉の落ちた枝が、澄んだ冬の青空に映えて綺麗だった。

今日も寒い一日だった。
北海道では雪が降る前の今頃の時期が一番淋しい。
日が短くてあっという間に暗くなり、木枯らしの冷たさに身震いする。
ここまでくると早く雪が積もるのが待ち遠しい。
だって、雪の白さははあたり一面を明るくしてくれるし、
とても温かいから。
P1010417.jpg
近所にお世辞にも綺麗とは言えない古いアパートがある。
何世帯か入っているのだけど、そのうち2階の真ん中のベランダだけはちょっと別の空間。
いつもたくさんの綺麗な花がプランターにセンスよく飾られて、買い物に行く途中その前を通るたびに目を楽しませてくれていた。

その花たちももう終わり、ちょっと淋しいなと思っていたのだけど、
ついこの間、そのベランダの外側つまり道路側に向けて大きな大きなクリスマス・リースが現れた。

なんてゴージャス!
こころに「ぽっ」と灯りがともった音がした。

どんな小さな場所であっても、ちゃんと手をかけ工夫し綺麗にして、そこを自分や家族の居心地のよい場所にしたい。
そして、自分自身が家族を温かく照らす灯りでありたい。

そのアパートのベランダの前を通るたびにいつも、そんなふうに初心に帰る私でありました。
P1010403.jpg

このページのトップへ

奈良時代のご飯

P1010400.jpg
この間ちらっと読んでいた雑誌に、縄文、奈良、江戸時代に食べていたとされる食事の写真が載っていて面白かったので、材料をメモしてそのとおり作ってみた。

江戸時代は近過ぎてつまらないし、縄文時代はあまりにもごっつい、というか歯が丈夫じゃなきゃ食べられないでしょ、という感じだったので(ゴボウは丸まんま、主食のパンのようなものはごつごつした石みたいだった)、真ん中をとって奈良時代のご飯。

ひえとあわのご飯、サバの塩焼き、茄子の漬物(塩漬け)、里芋、かぶ、ゴボウのあつもの(煮物・味付けは塩だけ)。別にどうってことない、うちのいつものご飯という感じだけど、何が違うかというと、味付けがお塩のみということ

なるほど、奈良時代ってお醤油などはまだ作られていなかったのね。
調味料がお塩だけってなんてシンプル。

frdはちょっと物足りなさそうに食べていたけど、煮物などは野菜の甘みが出て結構美味しかった。
たまにはこんなものを食べて、いにしえの人々の暮らしに想いを馳せるのもいいなあなんて思う。面白かった(笑)

frd、今日は自宅で第二回目の模試。
午前10時から午後1時30分まで。
前回同様、多分合推点には届いていると思うのだけど、なーんとまたまたマークミス発覚。それも2点!!
マークミス大王健在ですか!

これって落着きがない、そそっかしいとか性格的なものもあるのだろうけど、一杯一杯のことをやっているときに細かいところまで注意が行き届かないという、持って生まれた能力的な問題もあるのかもしれないなあとも思う。
そうすると本番のでき不出来はなおさら運が大きいということか・・・・。

やれやれという顔をしていたら、frdがしょんぼりして
「アンナ、がっかりした?怒ってるの?」と聞くので、
ちょっといじわるして

「発表します。明日は縄文時代のご飯です!」
と言うとがっくり肩を落としていた。
しっかり噛めよ!
P1010387.jpg
紙くずをまるめたボールを投げてやると、くわえて持ってくるのを何度も繰り返すようになった。ここまでくるのに根気がいりました。みなさん、猫もちゃんと「芸」を覚えますよ~。
このページのトップへ

欧米スタンダードと日本らしさって



朝起きると外は雪景色だった。
午前中のfrdの勉強のノルマが順調にこなせたので、お昼は久しぶりに癒しのカフェ「珈琲考房」へ。ここのランチは本当に味が良い。
丘の上にある店の窓から見下ろす景色も一面雪。

近くにあるログハウスの煙突からは白い煙がもくもくと出ている。家の脇には薪も沢山積んであって、冬の準備は万端のよう。暖かい家の中ではどんな語らいをしているのかしら。
※ ※
frdの友達の、ニュージーランド人のマリアから手紙が届く。
こちらに住んでもう長く、日本と日本人を愛してくれている彼女だけど、常日ごろから「日本人のここが変!これはおかしい」発言は活発。
今回の手紙にも、
「日本人は夫婦と子供が皆一緒に同じ部屋に寝るのはどうかと思う」
と書いてあった。

「欧米では赤ちゃんの時から1人で寝かせるのは当たり前。日本人はもっと夫婦の関係を大事にするべきだわ」
とのこと。

これはよく言われることだし一理あるけれど、単純におかしいと言い切ってしまうのにはちょっと疑問。

ずっと前にこのことに関する新聞の記事を読んだことがあるのだけど、もともとモンゴロイドというのは欧米人に比べ発育がゆっくりで、その分親離れする時期も遅いらしい。
後は住宅事情とか、頻繁なハグやキスの文化を持たない分、一緒に寝ることで親子の絆ができるとか、いろいろあるのではと思う。

いずれにせよ、「ここがおかしいよ日本人」の類のものにはちょっともううんざり。
外から見て自分達の悪いところを反省するのも確かに大切なことだけど、欧米の価値観を第一とする見方からせっかくの日本の奥ゆかしく美しい文化や日本人らしい気質まで批判的に考えることの方がおかしい。

「つまらない物ですがどうぞ」
「粗茶を差し上げます」

欧米人には「変!」といわれ続けてきたフレーズだけど、
このところしみじみといいなぁと思うようになった。
年のせい(笑)?

文化というほど大げさじゃなくても、日本の普段の習慣、所作や美しい言葉、大切にしたいです。
P1010394.jpg
我が家の「さかな君」ことfrdのリクエストで、鰯のあんかけ。
お昼の秋刀魚定食に続いて、晩ご飯は鰯。連日魚でオッケー。
P1010352.jpg
あまりかまってあげられないとしょんぼりしてテレビの上で
スネるまる子。上目遣いがうらめしそう。
このページのトップへ

寒いからキムチ鍋

P1010378.jpg
アンナパパから朝一で電話があり、明日パパがとある集まりでスピーチをしなければならないので、その原稿のワープロ打ちをして欲しいとのこと。またかいな。
老後の頭のトレーニングにとせっかく弟が買ってくれたパソコン、いつまでたっても使えるのはゲームだけなんて、だめじゃん!!

行ってみるとノートにびっしり手書きで書かれた原稿。こんなの考えながらどんどんワープロで打っていけば時間も節約になるのに・・・。

写真はこのところマイブームになっている、お昼ごはん。
また例によって朝日新聞に出ていた、簡単ご飯のレシピです。

うどんをゆでてよく水洗いしておどんぶりに盛り、とき卵を回りにかけ、さらにポン酢を大匙2杯かけ、あさつきを散らし(私は長ネギを使った)最後に「ゆず胡椒」を小さじ1杯トッピングして、食べるときに溶かしながら全部混ぜていただく。
「おかか」なんぞも乗せてみました。
超・簡単で見た目もイマイチだけど(おどんぶりが欠けているのもご愛嬌)ゆず胡椒、卵、ポン酢の風味がよく合って、ずるずるっとあっという間に食べてしまいます。美味しくて2杯食べちゃったりして。
P1010380.jpg
私にしてはまたエラくハード系の2冊。私がちょっと興味を持っていると知ったfrdの同僚の方が貸してくれた本。実は彼自身も同じ地域の出身者で前の就職の際には野中さんに便宜を図ってもらったという経験があるらしい。

北海道にも差別問題はあるけど、部落問題は多分、感覚的に最も遠く感じるものの1つかもしれない。野中広務という1人の政治家の成り立ちや福祉・女性の権利向上等の弱者救済という、彼がこだわってきた仕事を通して見えてくるもの、それがこの問題を抜きには語れないのだと思った。
世の中にはまだまだ知らないといけないことが沢山あるのだわ、と思えた本でした。

今日は冷え込んだので、夕食はキムチ鍋。野菜どっさりで5人前は作ったのを2人でほとんど食べてしまった。さすがに苦しくて食後2人とも倒れこんでしまった。食い倒れ?
何だかfrdと一緒に食べると競うように食べてしまうので反省。
P1010353.jpg
frdに「動物虐待!」と言われた写真。自分で入ったんですよ!猫飼いの方だったらわかりますよね。
このページのトップへ

そして乳がん検診

P1010371.jpg
先週から続く検査徹底週間のため、今日は乳がん検診に出かけた。このところピンクリボン運動などでがん検診に対する意識が高まっているので、今日行ったクリニックも待合室は満杯。たっぷり2時間以上待たされたけど、本も読めたしいろいろ思索にも耽る事が出来たのでよかった。行列に並ぶのは大っ嫌いだけど、病院で待つのは案外耐えられるアンナである。

今日は触診とエコーだけ。どうしても心配ならマンモグラフィーも写しますよとのことだったけど、去年写しているし、なにしろマンモの放射線量は胸部X-Pの数倍だということを知っていたので、できれば頻繁に受けたくない。じゃあ次回の検査の時に写しましょうということで、終わり。とりあえず異常なし。

帰りに駅の近くのお花屋さんで見たシクラメンの色があまりにも美しくて、1鉢買って帰る。
店員さんに聞くと、日が当たって涼しいところに置いて下さい、というのだけど、我が家にはそんな場所はない。どうしよう。というか、家の隅々まで温める北海道の住宅ではそんなの難しいかも。
日中は和室の窓際に置いて、寝る前にダイニングテーブルの上に置いてあげようかな・・・・検討中です。

P1010379.jpg
ちょっと早いかなと思ったけど、11月ももう半ば過ぎ。鬼も笑わないでしょうと思って買っちゃった。
昔は何だか力が入っていて奮発して大きくて豪華なのを買っていたけれど、この数年は小さくて可愛いのばかり。

今年こそは~っ!!っていう怨念みたいな(笑)期待というか執着心がなくなったのかも。健康で自分達らしく楽しくいられたらそれが何より。小さな扉から日々の小さな幸せたちが入ってきますように。
P1010331.jpg
子供の頃、お菓子のおまけにこんなシールついていたなぁ。 ずらして見てください。天使の顔が化け猫の顔に変わります(ウソ)。
このページのトップへ

数日のあれこれ

P1010364.jpg
この数日間ブログを空けてしまった。塾の生徒の期末試験対策で連日補習授業(うちの方針で補習分は無料!愛の塾です)をしていてちょっとたいへんだったのだ。一応、今日で終了。ふぅ。これで数日間はフリー。

この数日のことをあれこれと。
上の写真は、frdの大、大、大好物のわかさぎの南蛮漬け。どれくらい好きかと言うと、毎年、寒くなってわかさぎの出回る時期になると、嬉々として自分で買出しに行くくらい

うちの作り方は、わかざぎ3に対し玉ねぎ人参を7の割合でどっさりと。一番大きなボールにざっと5,6人前くらいは作ったのだけど、ほうっておくとfrdは一度に食べつくしてしまう勢い。
でも作りたてよりも次の日に食べると、よく漬かっていてとても美味しい。
さて今年の冬はあと何度食卓にのることでしょう。
※ ※ ※
今週の初めは癒しのクリニックへ。
この数週間、ずっと胃腸の調子がよくなかった。ここの先生の専門は胃腸科なので、検査をしてもらうことにする。ただ、予約がびっしりで、胃カメラは今月末に、大腸検査は来月になってしまった。それまでに治ってしまったりして(笑)。

大腸カメラは初めての経験。20代のころにやっぱり調子が悪くて診察を受けたクリニックで大腸検査をすることになって予約を入れたのに、結局ドタキャンしてしまった私。
お尻を見られるくらいなら病気を我慢していた方がいいと思っちゃったのだ。まだ乙女だったね。

今?婦人科は相変わらず苦手だけどお尻くらいは許そう(笑)。恥ずかしいよりも体が一番です。年をとるのも悪くないものだわ。
P1010366.jpg
義妹のMぞうがママと私に送ってくれた、「履いているだけでかかとがつるつるになる魔法の靴下
なんでも、かかとの部分が3重構造になっていてしっとりと潤いがキープされるらしい。家にいるときはずっと履いているけど、生地も厚くてしっかりしているので温かくて嬉しい。

小さいS之進がいるから買い物に行くだけでも大変だろうに、いつもこちらのことをいろいろと考えてくれていてくれて感謝している。

ある本に、「心に愛を持って人と接することのできる人は自然と心遣いができるものだ」って書いてあったけど、Mぞうはそうだね。
こういうところを見習いたいといつも思っている姉である。
※ ※ ※
P1010367.jpg
近所のスーパーに「黒田清子さんおめでとうございます」と書かれた小さなワゴンが置かれていて、祝い餅の詰め合わせが売られていた。華燭の明るい気分のおすそ分けを頂きたくて、つい買ってしまいfrdに笑われる。

髪に花を飾るでもなくシンプルなデザインの衣装に身をつつみ、つつましやかなお式と披露宴。
この方は本当に自分自身のあるべき姿や歩む方向をよくわかって、「正しく誠実に」生きている人なのだなと心を打たれた。
気品や品格があるということはきっとこういうことを言うのだろうとあらためて思う。

気品ある身なり、気品ある生き方。さっぱり追いつかないけど、私の人生のテーマにしたいものの1つです。

P1010368.jpg
相変わらず甘えん坊で私にべったりのまる。抱っこされていると幸せでタレ目になってしまうのよん。
このページのトップへ

モノを捨てると何が見える?

P1010351.jpg
ママたちが弟一家と温泉に行ったときに買ってきてくれたお土産「わかさ芋」。これ、本当に北海道が誇る銘菓だと思うわ。皮に塗られたお醤油が香ばしい。1度に5個はイケルね。frdに残しておかなきゃと思いつつあと一つあと一つって食べてしまって、かろうじて2個だけ残りました(焦)。

どうしたことか夜中一杯、まるが大暴れして参ってしまった。
暴れるたびに起きて抱っこしてなだめて大人しくなったところで一緒に寝るのだけど、しばらくしたらまた飛び出していって部屋中走り回り・・・・ひぃ。おかげでひっどい寝不足。最低の朝を迎えた。

本当は今日は乳腺外科に行きたかったのだけど、パス。大人しく家で、掃除、洗濯、衣替え(今頃ようやく!)をして過ごした。
物持ちが良く、というか捨てられないでずーっととってあった(18年くらい)セーターやスカートをポリ袋一杯に処分した。おかげで押入れにスペースが出来て嬉しい。

ついでに、7年前の交通事故の時に病院で使っていた胴から腰にかけてのコルセット、これも思い切って処分する。
体にぴったり合わせて作ってあって体型もあまり変わってないし、いつかまた歩けないほど痛くなったりするかもしれないから、念のためにとっておこうと思っていたコルセット。
でも、時々目にするたびに事故の時のあれやこれやを思い出して嫌~な気分になっていたコルセット。

もういいや。痛くて歩けなくなったらそのときはまた新しいの作ろう、ってスッパリ処分した。
何かの本に、モノを捨てられないのは過去の諸々も引きずりながらずっと持ちつづけているということ、って書いてあった。別に引きずっているつもりは全然なかったけど、こうしてさっぱりと捨ててみると、たったこれだけのことなのに何だかとても風通しのよい心になったように感じて嬉しくなる。

時が流れるというのは時に悲しく残酷なことだけど、反面、人の気持ちを穏やかに清清しくもするのだなと思う。

夜、中3の発展クラスの子達の授業。
学力試験が終わったらすぐ次は期末。皆よれよれだったけど、やる気満々なので、日曜に補習授業をしてあげることにした。
わかりやすいし面白いから、アンナ先生が学校の授業してくれたらいいな、なんて嬉しいこと言ってくれちゃって謙遜しつつも舞い上がる(笑)。その言葉に感謝してもっと精進しなくちゃ。
今日もいい日だった。
P1010317.jpg
frdの出張かばんに入るまる。一緒に行きたかった?
このページのトップへ

婦人科の日

今日は某総合病院の婦人科へ。子宮ガン検診のため。もう2年位していないので、体ガンと頸ガンの両方を調べてもらった。

人気のある先生なので待ち時間が長かったけど、看護士さんや職員の方の対応も雰囲気もよく、呼ばれるまでとても気分よく過ごした。こういうのってとっても大事だなと思う。

思えば予約のために昨日電話をかけた某・乳腺クリニックの事務員さんの対応は・・・というか、それ以前にもう人間的にだめでしょあなた!!て感じ。
こちらは立場の弱い患者なのに、ふてくされた高校生が更に面倒くさそうに仕方なく電話にでた、って感じの抑揚のないダレて心のない話し方と説明内容。もうすっかり頭に来てしまって、もう二度と行くまいと誓った(思い出したらまた小鼻が膨らんでくる)。

話は戻って(まだ鼻息荒い)、今日診ていただいたその評判のよい先生、たぶん年齢は私とそんなに離れていないと思う。だから正直言うとちょっとだけ抵抗感はあったのだけど、考えてみると私ももうそんなこと言っていられない年になったってことなんだなー。
年齢が行くにつれて今度は逆に年下の先生に診てもらうことになるんだろうし・・・・。

それにしても婦人科と乳腺科だけは・・・何度行ってもやっぱり慣れないというか、嫌なものです、ほんと。
※ ※ ※
病院の後、昨日の初雪に背中を押されて、冬支度の買い物へ。
デパートでショートブーツを購入。
北海道の人は冬の靴が傷みやすいから、よく歩く人はブーツも何足か履きまわししないとすぐにだめになってしまうのよね。

その後、frdのベスト、私のニットカーディガン、パンツ、厚手のタイツ、等々両手一杯に買い物して帰った。オッケー、いつでもカモン、冬
※ ※ ※
今日は天使の笑顔が2つ。

1人目は病院の待合で前のイスに座っていた、おしゃぶりくわえた1歳くらいの男の子。
もう1人は電車で斜め前の席に座った6歳くらいの女の子。
2人とも、たまたま目が合った後じーーっと見つめるので、微笑むと、とびきり可愛い笑顔(女の子は少しはにかんで)を返してくれて、思い切りぎゅーーってしたくなった。子供が笑った顔って本当に天使だなと思う。晴れ晴れと明るい気持ちになって家路につく。今日もいい一日だった!
P1010344.jpg
お疲れ気味のぴゆどんのために、今日は癒し系のまるです。天使と悪魔の顔を持つ猫だからね(笑)
このページのトップへ

お金がかかるけど

出張中のfrdから頼まれて、ヤフーオークションで司法試験の過去問テキストと民訴の講義テープを落とす。〆て6万3千円なり。ひょえ~。

ついこの間別の講義テープで10万円以上使ったばかりだったので、frdも「あの~、えーと、そのー」って言う感じでなかなか言い出せずもじもじしていた。まあ、この期に及んで出し惜しみして後で後悔したくないので、気前よく落としてさっさと振込みして来た。

本を数冊買っても2万3万、講義テープやら模試などは5万10万単位でどんどん飛んでいく。勉強を始めてから5年経つから、今まで勉強のために使った金額も相当額になる。貧乏家にはつらい出費だから、frdは私に対して申し訳ないという気持ちが年々強くなっているみたい。

でも私は結果がどうあれそれらが無駄なお金になるとは思っていないから、とにかく今はそんなこと考えずに前だけ向いて頑張る!frd。
※ ※ ※
今朝はとうとう初雪が降った。
地面に落ちてすぐに融けちゃうような淡雪だったけど、冬の始まりに最初に降る雪にはいつもちょっと感動する。
生まれも育ちも北海道、雪なんてもう見飽きるほど見ているのだけど、毎年の初雪だけは別。

まるも、窓から見える、生まれて初めての雪を不思議そうに見ている。

ああ、でも、長くて大変な冬がいよいよまた始まるんだっていう身が引き締まる思いと、今年もいよいよ締めの時期だなっていう緊張感も湧いて来て、思い切り「ぶるぶるっ」と武者震いしてしまった。

P1010326.jpg
これが女の子だなんて信じられます?洗濯物干しにかじり付くまる。すんごい顔。
P1010327.jpg
ライオンみたい。
このページのトップへ

ソーイングとアイロンの日

P1010350.jpg
すごく久しぶりにソーイング。「花もめん」でバッグ用のリネン生地がセットで売っていたので2種類買ったうちの1つ。たまにはこういう甘い綺麗な花柄がむしょうに欲しくなる。
手仕事には心の浄化作用があるって誰かが言っていたけれど、綺麗な生地を見て触りながら無心に作っている時間がとても楽しかった。

P1010337.jpg
嫌い!なアイロンがけをどうやったら楽しくできるかと考えて、初めてリネンウォーターを買ってみた。お洗濯は粉石鹸にお酢を入れて殺菌しながらやっているのだけど、それでも時々嫌な臭いが残ったりする。リネンウォーターを使うと、いい香りだけが残って気分も○。
アイロンがけは・・・・うーん、2割くらいは楽しくなったかな(笑)。

縫い物したりアイロンかけたり、ずっと布に触っていた日。
こういう優しい1日もいいな。
このページのトップへ

王子の国へご帰還

P1010347.jpg
豆王子、帰ってしまいました。アンナパパとママは毎度のことながら意気消沈。暗~い居間で2人でため息つきながら座っていたのを見るとちょっと可愛そう。王子が来るのは大イベントだから、帰っちゃった後はいつも「祭りの後」って感じ。

写真は王子が書いてくれた「お姉ちゃんの顔」。口が曲がっているところはなかなか観察力があってよろしい。アンナはほんとに顔の骨格がちょっと歪んでるのだ(笑)。

体調、相変わらずあまりすぐれず。
本田美奈子死去のニュースにfrdと2人でショックを受ける。すごくファンだった訳じゃないけど、ほぼ同年代、まだまだこれからの活躍が期待されながらの死、そして女性としては孤独じゃなかったのかな、などといろいろ考えると可愛そうでたまらなくなる。

私も自分の体のことをちゃんと管理しなければ。今週と来週は病院ウィークにしよう。人間ドッグも考えたけど、それぞれの科で信頼できるかかりつけの先生がいるので、あちこち回ることにする。
P1010335.jpg

P1010336.jpg
珍しくfrdが写した、まる。かっわいーなー、とただでさえ垂れている目尻をもっと下げながら激写していた。
このページのトップへ

弟一家と

午前中はバレエへ。
一向に上達する感じがしないけど、このレッスン室でいつもの仲間と一緒に大好きな先生の指導の下、美しい音楽を聞きながら体を動かすこのひとときは、私にとってなくてはならないもの。

今日もまた、一週間のいろいろモヤモヤが全部汗になって流れていった。
※ ※ ※
夕食は実家で弟一家と一緒に。
10月にお誕生日だったS之進のバースデーパーティーをもう一度やる。パパもママもこれがしたかったんだよね。

話が盛り上がっていたので、ほんとはビール飲みながらMぞうとも語り合いたかったけど、frdが来年の試験が終わるまで禁酒にしているので、私も付き合ってウーロン茶で我慢。一応、妻だから(笑)。

子育ての不安やストレスは大きいものだろうなと思う。弟も忙しくて帰りも遅いし、日中子供とずっと直に向き合って過ごすMぞうにとって毎晩のビールは欠かせないものらしい。

それがこの間、めずらしく体調崩して2週間位ビールを飲めなかったら、「みるみる痩せた」とのことで、言われてみると、頬や首周りがすっきりした感じ。ということはそれ位飲んでいたということね。

今度はゆっくり飲もうね。いろいろと話も聞くよ。

弟の方はもうすっかり貫禄を感じるけど、それでも時々小さい頃の表情が覗いたりして、おじさんになっても弟は可愛いものだなとしみじみ思う。

もっと話していたかったけど、frdの勉強があるので宴の半ばで2人で退席、家に帰った。
P1010320.jpg
やっぱり潜るのが好き
P1010321.jpg
潜るのが・・・
P1010322.jpg
・・・・何?
このページのトップへ

豆王子ふたたび

今日は朝から胃が痛くておまけにちょっと欝気味で調子が悪く(原因はわかっているのだけど)午後遅くまで寝たり起きたりして過ごした。

とはいっても、学力試験間近の子たちが来るのでこんなことはしていられず、もそもそ起き出してようやく顔を洗って髪を整えお化粧する。

お化粧し出すと気持ちもぱぴっとしてくるので不思議。

中3の子たちのうち、「Sりん」と「Yくん」の2人が英検3級にトライしたのだけど、2人揃って得点39点。合格点は40だったから惜しいところで逃した。でも、まだ学校で習っていない範囲も当然出るので、初試験にしては上出来。次の1月には合格しようね。

今日から数日、弟が札幌で仕事なので、MぞうとS之進も一緒にやってきた。この前来たときからそんなに経ってないので、S之進は私の顔も覚えてくれていたようで、ちゃんと「お姉ちゃん♪」と呼んでくれて舞い上がる。

抱っこしてみると、重い重い。
びっくりしたのが、ほんの数ヶ月の間にずいぶん言葉がなめらかになって、しかも長いしっかりした話をするようになっていたこと。
Mぞうによると、ほんのこの2週間くらいのことらしく、子供の成長ってある時突然スイッチが入ったみたいに早くなることってあるんだなあって感心する。
P1010308.jpg
調子悪そうにしていると、まるも心なしか大人しくて、すりすりしてくれて嬉しい。

※私にとって夫婦2人の生活の原点、ずっとファンだったRocoさんのサイト、リンクに追加しました。
このページのトップへ

ぴゆどんと昼酒会

ぴゆどんが遊びに来てくれた。
またまた沢山お土産持ってきてくれてアンナ恐縮。ありがとうね!
P1010312.jpg
作って持ってきてくれたお豆のサラダ。シーチキンと玉ねぎの味とよく合って絶妙な美味しさ。ワインちびちびやりながら、ずーーっと食べてました。

相変わらず部屋に入ってきた途端、華やかなオーラを発散するぴゆどん。付き合いもだんだん長くなって来たけど、最初に会ったときからほんと変わらないよ、ぴゆどんは。

身長や体型が似ているので、職場の某先生からは「叶姉妹」なんて言われていたのはとても光栄です(あっ、胸周りがすっきりバージョンですが・・・・)。

3ヶ月ぶりくらいに会うまるは、最初は警戒しながらもだんだんと近づいていって、最後の方は抱っこされていたので、やっぱり元・猫使いは違うなと感心する。

時間一杯お互いに口から泡飛ばしながらすごい勢いで近況報告しあって、昼からがばがばとワイン2本空ける。

ピラティスのポーズを覚えたいとぴゆどんが言うので、酔っぱらって顔赤くしながら酒臭い息で呼吸法を伝授する(笑)。

毎度ながら、とりあえず近況の話が一段落ついて、さてこれから突っ込んだ内容ね~!と思うともうお開きの時間になって残念。今は日も短いしね。

それにしてもいつも感心するのは、どんな場面でどんな話をしていても、相手にいい感じを与えられるということ。でも無理したり気を使いすぎたりっていう力みは感じないので、たぶん自然にそうできているんだよね。性格と言ってしまえばそれまでだけど、いろんな人と付き合う上で財産だな、とアンナは思う。

旦那さんが最近あるアクシデントで前歯を折ってしまったの、と言って、記念に写した歯っかけ写真を見せてくれてありがとう(笑)。
そんな写真私に見られてしまった旦那さんごめんなさい。でも、一気に親しみ感じましたから!
P1010314.jpg
まるにも猫フードのお土産。まる、ありがとうは?
いじっているのは、ワインのコルクの留め金。
このページのトップへ

frdのリクエスト

3ヶ月ぶりに美容室へ。カラーリングとカットをしてもらった。
担当してもらっている好青年の美容師さん、私がイスに座ったとたん、「アンナさんて、結婚まですんなり行ったんですか?」

ええっ?何ですかいきなり、って感じで笑ってしまったけど、彼の顔は真剣そのもの。というか、何だか憔悴したような顔つきなので訳を聞いてみると、

1年半くらい付き合って結婚まで考えていた彼女がいて、もう婚姻届にサインしたのを壁に貼って後はいつ提出しようかなんて言っていたのに、
ちょっとしたいさかいをしてしまって、彼女も仕事のことで悩んでいた時期が重なり、そんなときにいい具合に彼女の相談に乗った男の人があっという間に彼女をさらっていってしまったらしい・・・・。

うーん、よくあることだ。

女の人って、みんなそんなにあっさりしているもんなんですかね。こんな時って男の方がいつまで未練たらたらで家にこもって無精ひげ生やしてる感じですよね、
なんて言う。

その状況によっていろいろだから一概に言えないけど、まぁ、女の人の方が賞味期限が圧倒的に短いから、本能的に切り替えが早くなるんじゃないのかな、と言うと笑っていたけど、我ながら的を射た回答だと思って自分で感心した(笑)。

でも彼はすごーく好青年で見た目だって悪くないし、まだまだイケルという感じがしたので、「絶対に大丈夫だから元気出して!」と無責任な慰め方をしてお店を後にした。
※ ※ ※
frdが「今日、関連会社に行ったらそこの女性事務員の香水がキツ過ぎて参ったよ」って言うので、私は?匂いキツ過ぎない?と聞いたところ、
「アンナは薄すぎるからもっとつけてもいい。オレ、香水の匂いは好きだもん」

野生児frdが香水の匂いが好きだなんてしらなかった。
ちなみに「デパートの化粧品売り場もいい匂いがするから大好き」だそうで、たまげる。

考えてみるとfrdのお母さんは若い頃からお化粧気がなくて地味な人だし、大学で回りにいたのは同じ「探検部」の日焼けしてごっつい女の子ばかりだったから、お化粧や香水の匂いなんて無縁だったfrd。その分憧れがあるのかも。

じゃあ、キツくならない程度にもうちょっと香水つけるね。あと他に何か要望はある?って聞くと、

「週に1度、着物を着て欲しい」とのリクエストが出て二度びっくり。
そーかー、そーかー、frdはそーいうのを求めていたのかー・・・・。
このところすっかりスウェットやジャージ姿ばかりになっていたからね。ちょっと反省。

私はいつもfrdに髪型はこうして洋服の着方はこうしてとうるさいのだけど、frdはほとんどそういうことを言わないから、たまにこういうことを聞くととても新鮮というかびっくりというか。。。

着物・・・・着方、また忘れちゃったよ。何度も通って練習したんだけどな。練習用ビデオがあるから見ながらまた時々着てみますか。
P1010296.jpg
電子炊飯ニャー、その後
あれ以来、アンナに毎日入れられてサー、もうタルくってやってらんないわよー、さっさと写真撮ったら出してくれる?
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

アンナ

  • Author:アンナ
  • 主婦アンナと、夫frd、2005年5月5日生まれの愛猫・ロシアンブルーのまる。
    2人+1匹のささやかながらも楽しい日々です。

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。