アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

お義父さんの柿

frdの実家の庭に大きな柿の木があって、毎年沢山実がなる。
お義父さんが木に登って柿を採って、下でお義母さんが受け取って、それをダンボール一杯に詰めて送ってくれるのが習慣だった。

全部一人でやるのは大変だったでしょうに、お義父さんは今年もやっぱり木に登り、一人で実を採って(たぶん、一度下に落としたのを拾って)箱に綺麗に入れて、すきま埋めにチラシをちぎったのをまるめて動かないようにちゃんと詰めて北海道へ送ってくれた。

今までお義母さんと一緒にずっとやってきたことを変わらずに続けたいんだよね。

いつもお義母さんの字だったのが、お義父さんの無骨な字で書かれた宅急便の宛名を見たら、ちょっと涙が出そうだった。

ちょっと固いけど、甘くてとても美味しい柿。お義父さん、ありがとうね。
P1010294.jpg
まるさん、新しいお友達ですか?
P1010305.jpg
可愛くて、もう、ぎゅーーーってしちゃいたいんです。離れたくないんです。
P1010287.jpg
ええ、どんなときも。
スポンサーサイト
このページのトップへ

カジカ鍋

NEC_0052.jpg
人にデジカメを貸していたので、代わりに携帯カメラで写したらこんなボケボケに・・・・。北海道の冬のお魚、カジカの鍋です。

まだ独身で一人暮しをしていて、frdと付き合い始めたころ、ひどい風邪をひいてしまった。そのころまだ神奈川の実家にいたfrdが遊びに来てくれることになっていたのだけど、風邪で体調が悪いからとやんわりメールで断ったら、「えっ!風邪なの?!心配だから、とにかく行きますっ!」って返事が来てがっくり(笑)。熱があるのにひーひー言いながらお部屋の掃除してちゃんと身づくろいしたことがあった。男の人ってそういうところ、わからないものね。

心配そうな顔して飛んできてくれたfrdがそのとき作ってくれたのが、このカジカ鍋。アラの部分だけ別鍋で煮てよーく出汁をとって、野菜が煮えた頃に加えて残りの身を入れる。肝とお味噌をといて味付けし、仕上げにネギをたっぷり散らす。
食欲がなかったけど、すごく美味しくておかわりして食べたっけ。

毎年寒くなってくると、懐かしくて出番も多くなるカジカ鍋。
魚関係にはうるさいfrdが勉強部屋から出てきてそわそわうろつくので、全部作ってもらった。らくちんらくちん。
出来上がりも最高でした。
P1010219.jpg
何だか不自然に膨らんでますねっ。
P1010221.jpg
やっぱりあなた!寝ていたの?
P1010223.jpg
すごーく迷惑そう・・・。
このページのトップへ

珍ねこ

今日は癒しのクリニックの診察日だったのだけど、体調悪くて出られなかった。一日まると一緒♪
たまったお洗濯をしたり本読んで過ごした他はなーーーんにもしなかった。勉強ゼロ。まーいーや。

大学の先輩から久しぶりに電話もらい、しばし話し込んだ。
一人っ子だった先輩は数年前にお父様、今年の夏にお母様を亡くし、結婚されていないので、とうとう本当に一人ぼっちになってしまったわ、といって笑う。

でもね、根無し草だからもうどこへ行って何をしようと自由だと思うと何だかぱ~っと開放された気持ちになるの。どこか田舎に家でも建てようかな、
なんて言う。長年お母様の介護を、そして亡くなった後の諸々や整理も全部たった一人で終えた人の言葉なのだなと思った。
でも思ったより明るい声で少し救われた感じ。

P1010278.jpg
あら今日はお天気いいわね。さてとゴミだししなきゃ。

P1010280.jpg
テレビはやっぱ逆さに見るのが迫力あるわね。

P1010248.jpg
おじさん、このおててに合う手袋くださいな(新美南吉風)。
このページのトップへ

電気炊飯ニャー

20051023220505.jpg
多くの化粧品に使われているパラペンの悪影響についてのニュースがずっと気になっていたので、基礎化粧品をノンパラペンに一新した。
化粧水は手作りのも使うけど、材料になる卵の薄皮を集めるのが間に合わないときはコープのスキンローションを使っている。これは無香料無着色、ノンパラペン。安いけど使い心地も申し分ない。佐伯チズさん提唱の「化粧水パック」でこれを気前良く沢山使っている。

あと、私は乳液をもう何年も使わずにゲルを使っている。べとつかずによく伸びて、美容液成分が沢山入っているのでこれ一本でオーケー。
これも、最近ノンパラペンでしかも内容がバージョンアップしたものが出たのでさっそく買って試してみた。

10歳若返る!というキャプションはすごいけど、確かに使い始めて3日目、肌の感じが違っている。
これ、実はアンナの従兄弟のお兄ちゃんの会社で扱っている。何だか身内の宣伝になってしまうけど、一応こちら

上モノ(洋服やアクセサリーとか)は後でなんとでもなるけど、中身の体と肌の手入れだけは手抜きしないでちゃんとやっておきたいと思う。
君島十和子さんみたいに惜しみなく美に投資できる財はないけど、
丁寧に手をかけて手入れしていれば、かなり保つことができると信じている。そんな私には、佐伯チズさん方式は希望の星なんだなー。

今日、中三の子が1人いきなり見学に来た。
普通は親御さんから問い合わせの連絡なりがあってから来るんだけど、
今来ている子の友達らしく、軽いノリでついてきちゃったらしい。

他の大手の塾に行っているらしいのだけど、授業料が高いし内容も今ひとつらしく、やめようか迷っているとの事。試しに他の子達と一緒に問題をやらせたらすばらしくよく出来る。クラスでもかなり上位らしい。
来週から来るかな、どうかな?受験まで数ヶ月のお付き合いだけどね。
P1010256.jpg
炊飯器のスイッチを切ってお釜をはずして洗っていたら、なにやらごそごそという気配が・・・・・。見ると、まだ保温の余熱が残って温かい炊飯器にすっぽり収まって幸せそうな顔していた。
このページのトップへ

夕焼け

frd、第二回目の答練(模試)。朝9時からお昼12時半まで自室にこもる。またまた途中でおしっこに行っちゃった。朝、紅茶飲んだのがいけなかったか。

憲法、民法、刑法、各20点配点のうち、民法は手堅く19点。相変わらず他の2科目が課題だね。

毎日何時間も座りっぱなしで下を向いているから、首・肩・腰がばりばりになってつらそうだったので、マッサージをしてあげる。
でも、ひ弱アンナが、がっしりごっついfrdをマッサージするのはどんなに大変なことか・・・・・(涙)
20051023220549.jpg
日に日に寒くなってきて秋ももう熟しきった感じの北海道。
近所のいつも見慣れた、なんてことない風景だけど、あらためて綺麗だなあと思ったりしたのでアップ。そういえばこれと似たような写真を確かみかんちゃんがアップしていたような気がする(私よりずっと上手です)。
20051023220412.jpg
子供の頃、外で遊んで家に帰るとき、夕焼けを見るといつもとっても切ない気持ちになったのを思い出す。これから帰る家があるのに、そこには家族がいて温かいご飯が待っているのに、なんだか私の帰る場所はそこではないような気がして、とっても淋しいような何ともいえない感情が胸に迫ったものだ。

あれは何だったのかなあ。

ぶらぶら夕焼けを見ながらお買い物に行って帰ってきたらすっかり日が落ちて暗くなってしまった。
買い物袋を提げてアパートの前に着くと、道路に面したfrdの部屋だけ明かりがついている。
外は寒いけど、小さなストーブは部屋を暖めてくれているだろう。frdが一心に机に向かって、傍でまるが丸くなって寝ている、この小さなアパートの小さな部屋が私の居場所。

だから夕焼けを見ていても今はちっとも寂しくない。
P1010243.jpg

20051023220424.jpg
顔以外も可愛い(飼い主ばか)
このページのトップへ

ママとアンナ

P1010229.jpg
愛しのターシャ・テューダーの本の中の言葉。

「家事は大好きです。アイロンがけも、洗濯も、料理も食器洗いも。
アンケートで職業を聞かれた時は、いつも『主婦』と書きます。
主婦はりっぱな職業よ。
なにを恥じることがあるでしょう。
主婦だから学問ができないなんてことはないわ。
ジャムを煮ながらシェークスピアを読むことだってできます。
もし、生活を支えてくれる夫がいたら、
わたしもガーデニングと料理と縫い物ばかりしていて、
絵は描いていなかったかもしれないわ。」

大学時代の教授が、
「貴女たちは、年をとったら膝の上に孫を乗せて、シェークスピアの
詩を暗誦してあげられるようなお婆さんになりなさい」
と言っていたのを思い出す。

わたしはきっとそういうおばあさんになろうってぼんやり考えていた。
※ ※ ※
アンナママは結婚生活43年の間に純粋な専業主婦だったのはほんの
数年間。料理は上手だし手先も器用なのだけど、すべて手量りの大雑把なやり方。家の中のことにゆっくりと手をかける余裕もなくずっと仕事をし通しだった。

もちろん、経済的なこと以上に、ママにとって塾の仕事が天職であり、とても愛しているというのが大きいのだけど。

子供の頃、お友達の家に遊びに行くと、お掃除の行き届いたお部屋にそこのお母さんの手作りのものがいろいろと飾ってあり、手作りのお菓子なんかをご馳走になったりした。その落ち着いて家庭的な居心地のいい雰囲気がいつもうらやましかったっけ。

だから私はもっと家庭にベースを置いて落ち着いた生き方をしたいと子供の頃からずっと思っていた。

女でも手に職を持って戦力になれるような生き方をしなさいといわれて育ったのに、ママの意思に反して、とにかく普通の主婦になりたかった私。

でもママも本当はもう少しゆとりのある生活をしたかったんじゃないかなとも思う。文化・教養的なことに疎くて家庭的で家のことを完璧にこなす、というタイプの専業主婦が大嫌い、というのはどこかでうらやましいと思ったり引け目を感じている裏返しだったのかもしれない。

去年、週2コマからスタートした塾のアシスタント。気が付けば2時間×6コマまで増えていた。夜の仕事ということもあって昼間の倍疲れる。ゆとりがないと家の細々としたことやご飯作りにも影響が出て、ばさばさと落ち着かない雰囲気が漂ってくる。

やりがいがあるし目標を持てて楽しいけれど、もう一度自分の望んでいた生活の原点に返りたいと思い、ママに交渉して2コマ減らしてもらった。

ママは私のアシストをあてにしてどんどん生徒を入れてしまうので、そろそろそれもストップをかけてもらうことにしなければ。
※ ※ ※
まず主婦としてちゃんと手をかけて家庭的な居場所をつくること。
そして、体力に見合った少人数の生徒のためのおばちゃん先生をして、
いずれシェイクスピアを暗誦するようなお婆さんになれるよう精進すること(猫を膝に乗せて!)。

そうできたら、ママとアンナの生き方の違いにも折り合いがつくかもしれない。
20051021215317.jpg
いないと思って探したら、トイレの中にちんまり座っていた。私が出るときに足元からするりと入り込んだらしい。
狭いところが好きだから落ち着くのかも。
このページのトップへ

オンコの実って毒?

今日、最後のピラティス・レッスンに行ってきた。
ほんとは続けたいのだけど、時間・体力的に考えて、少し的を絞らなくてはと思って、一応今回で終わりにした。

でもポーズを沢山覚えられたのと、ピラティスの正しい姿勢と呼吸法がわかったので収獲は大きかったかな。これから先は、アマゾンで買ったピラティスのビデオを見ながらやることにする。

今、毎日朝と寝る前にストレッチ&YOGA&バレエストレッチ&深呼吸など、自分なりにアレンジしたものを続けてやっているので、それにちょっとピラティスの要素を加えようと思う。
このアンナ流ワークアウト、やるとやらないとでは体調がぜんぜん違うのでやめられない。夜も熟睡できてグーです。

ピラティスの帰り、実家の横を通ったら、庭仕事しているパパを発見。そろそろ畑じまいに取り掛かっていたらしい。今年も頑張ったね。お疲れ様。

その庭に、オンコ(いちい)の木に真っ赤な実がびっしりなっていて、思わず「オンコ酒を造ろう!」と思い立ち、パパに手伝ってもらって実を袋に一杯採った。

パパは枝きりバサミでバサバサ切って枝ごとプレゼントしてくれた(笑)

ところが家に帰ってfrdに見せると(今日はfrd、お昼に一度帰ってきた)、frdが持っている木の実図鑑では“Don't eat”って書いてある、という。びっくりしてネットで調べたら、どうやら種に毒があるらしく、お酒につけるには種を取らなければ安心できないみたい。

え~、ショック。どうしよう。あんなに小さい粒々を1つずつ全部種を取るのは無理だわ。せっかく今度こそ大手振ってお酒造れると思ったのに・・・・どうしよう。

このページのトップへ

エストロゲン増強

P1010210.jpg
このところちょっと女度が落ちている気がしたので、久しぶりに聴いてみた。佐藤しのぶのプッチーニ。ふくよかで高い旋律。これを聴くと、確実にエストロゲンが出てくるような気がする(笑)。ほんと。

ヒロインになった気持ちになって、やっぱり女の本質はか弱く清く優しく愛しいわよねぇ・・・・なんて夢見心地で見上げる秋の空ほんとは違っても(笑)、たまにはそうなりきって女を確認するのも必要かも。

※ ※ ※
実家に帰っているfrdはすっかりハウスダストによる鼻炎でやられているらしい。お義父さんがお掃除しているとは思えないので、たぶん、夏に frdと帰省したときに掃除機をかけて拭き掃除したのが最後だったんだろう・・・・。
ちょっとやそっとのものじゃないので、ハウスダストに弱いアンナはこない方がいいと言うfrd。来年、frdの試験がひと段落したら、一緒に帰って徹底的に大掃除して、ガラクタ類もかなり処分しなくちゃ。

もう何十年も使われていない壊れた足踏み式ミシンがあるので頂いてこようともくろんでいる。もうああいうのないしね。ミシンは使えないけど、上に板を載せて普通のミシンを置くだけでも味があっていいような気がする。

frd、さっき電話がきて、携帯をに落としてしまったって。いや~~!!
20051016201537.jpg
生まれたときから入れられていたせいか、とにかく籠が好き。
このページのトップへ

いい石鹸と安全な糠

P1010214.jpg
友達3人で共同購入した手作り石鹸2種と、ギリシャと韓国のおみやげの石鹸。このところ石鹸フリークなので、とても嬉しい。新品を下ろして試すときが一番楽しみ。お風呂タイムが待ち遠しい。

ずっと大事にしている糠床の糠。農薬が一番残留する部分なので、必ず無農薬表示のものを買うけど、それでも出所がはっきりと明示されていないと心配になる。
たまたまよさそうなサイトを見つけたので、糠を2袋お試しで買ってみた。数日中に届く予定。
こういう、農業や自然に対する愛情やポリシーを持っている作り手の人たちには大いなる尊敬を抱くアンナである。

今日は3週間ぶりのバレエレッスンで、最後まで体力がもつか心配だったけど、なんとかついていけて嬉しい。体をちゃんと使って汗をかくと、最後のところでブスブスくすぶっていた風邪の残りがほとんど消えた感じ。
P1010209.jpg
毎日、出窓に座って向かいの公園で遊ぶ子供たちを眺めているまる。寂しいの?
P1010215.jpg
今のまるのお友達はぴーちゃんとチューちゃんたちだけだもんね。いつかおうちが持てたらちゃんと生きているお友達を飼ってあげるから。

このページのトップへ

クマより変な人の方が怖い

今日は午前中にMくんの授業をした後、夜の中3の英検特訓のための教材作りでずっとパソコンに向かって3時間半。疲れて肩が凝った~、腰が痛い~。

昔は仕事で6,7時間パソコンに向かいっぱなしなんてことザラだったけど、この頃では体に堪えてしまって長くやっているのはとてもつらい。

なんとか作り終えて塾が終わったのが9時過ぎ。
frdが出張でいないので、こういう日はアンナパパが家まで送ってくることになっている。でも今日は疲れたのか寝室で寝てしまっていて、起こすのもかわいそうだったので、意を決して、frdからいつも持たされている「クマよけスプレー」を手に握り締めて、1人で走って帰った。
後から電話が来て、なんで起こさないのって怒られたけどね。

この辺りには変質者が出没するし、近所のご主人がちょっと危ない方で、つい先日も酔っ払ってよその家に上がりこんで、訳のわからないイチャモンをつけて騒いだ挙句、警察に連れて行かれたのだ
うちも変な言いがかりをつけられたことがあるので、ちょっと怖い。

お隣の部屋には危ないご夫婦が住んでいるし・・・・。

いろいろ考えると、終の棲家を構える場所を探すのって大変。
運悪くとんでもない隣人があたってしまってトラブルに巻き込まれたり、悪徳業者や変質者もうろうろしているし。

前にぴゆどんと、コーポラティブハウスの話が出たことがあったけど、
お互いによく知っていて、常識があって価値観や考え方がそんなに違わない同士、程よい距離を保ちながら一つの場所をシェアしながら暮す、っていうのもいいなぁと思う。

しかし変な人がいないことを考えると、意外と森の中の一軒家も安全だったりするかもね(笑)。
は出るけど。
20051014225214.jpg
あなた誰ですかっ??
20051014225253.jpg
わかった!後ろにいるんでしょ。
20051014225231.jpg
出てこないと猫キックしちゃいますからね。きーーーっ!!
・・・・・以上を延々、毎日繰り返す。
学習できないのか、学習していないフリをして遊んでいるのか、
果てしなく不明。
このページのトップへ

おしゃべりなティータイム

P1010212.jpg
潜む
20051013172554.jpg
身を隠す
P1010156.jpg
窺う
久しぶりにひろちゃんとお昼ご飯&お茶でまったりの数時間を過ごした。お互い、来年は家族にとっても自分にとってもいろいろと変化の年なので頑張ろうねと励ましあう。

お互いに目標(大小にかかわらず)を持っている同士って、その分野が違っても話が尽きないなぁって思う。考え方もリンクしているしね。

ひろちゃんは来春に学校を卒業。早いねぇ。いよいよ開業に向けての一歩。すごいよね。学校に行くと決めたときはご主人と激しいバトルを繰り広げ、押し通す形で通い始めたひろちゃん。無理だってあきらめたらそこで終わりだけど、一歩一歩進んで行ったらちゃんと道は開けるのだね。アンナはずーっと応援団長・兼・お得意患者、やります。
P1010196.jpg
ずっと気になっているホークスみよしさん
ほんとは私だって憧れている森の生活。
どのページを開いてもわくわくしてしまう。
手で丁寧に紡ぐ生活。温かいストーブと薪のある生活。

今のところ、街の近くの森の中に住むのが理想(笑)。
そんな都合のいい場所あるかしら

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

このページのトップへ

まる三昧

20051012213617.jpg

まる子さん、まる子さん、
20051012213634.jpg

寝ているのに目が半開きで怖いですよ。
20051012213649.jpg

ほっといてください。
それとドアップもやめてください。
鼻くしょがついたままですから。(まる)


まるが壁をガリガリやるので、このままではアパート退去時に壁紙を張り替えなければならなくなりそう、ということで、ホームセンターに行ってビニールシートを買ってきてあちこちの壁に貼った。

白いシートを買ってきたのだけど、貼ったらなんだかとたんに貧乏臭い部屋になってしまって、しょんぼりする。透明な方がよかったかな。
まあいいや。おしゃれな部屋はもうあきらめた。まるがいてくれる方がいいから。

たまった洗濯物を洗ったり細々家のことをやって終日過ごした。
風邪は7割くらい抜けたかな。
バレエはもう3週間行っていないから体が硬くなってしまった。
一日何回か、時間かけて少しずつストレッチしてあちこち伸ばす。
いい線行っていたスプリッツ(開脚)の角度はあっという間に逆戻りしてしまった。
今週はバーレッスンだけでもできるといいな。

テーマ: - ジャンル:ペット

このページのトップへ

山ぶどうの行く末

20051009173837.jpg

frdの答練(択一試験模試)全8回の第1回目がいよいよ昨日から始まった。朝9時から12時半までの設定で勉強部屋にこもるfrd。途中やっぱり、おしっこに行っちゃったみたいですけど(笑)。

結果は民法17点はよしとして、とにかく憲法のできがすごく悪かったみたい。過去数年あまり変わらない。点数ってこんなに上がらないものなんだろうか。やっぱり難しいのかな・・・ってちょっとだけ気落ちしてしまったけど、本人がいたって楽天モードなので考え込むのをやめることにする。

その答案用紙を今日、勉強会に行くついでに投函して来た。さて、結果はどうかな?

風邪っ気がなかなか抜けなくて今日もどよよ~んな体調。ぎりぎりまで迷ったけど、やっぱり頑張って勉強会に出かけてきた。
来週から、月に1回ボブが出張レッスンに来てくれることになった。

frd、今日から8日間の不在。金曜まで出張の後、神奈川の実家に帰ってお義母さんを見舞う予定。勉強が忙しいから本当はもうしばらく帰らないつもりだったらしいけど、いつかまたお義母さんのクモ膜下出血が再発してしまうかもしれないし、お義母さんが自分のことを認識してくれて会話ができるうちに沢山いろんなことを話しておきたいみたい。
近くにいたらもっと行ってあげられるのにね。でも、3兄弟の中でfrdが一番お義母さんにやさしい。

写真は、この間の知床の帰り道、車を止めてfrdが摘んだ山ぶどう。
沢山採れたので、家に帰ったら果実酒を作ろうと楽しみにして帰って、ネットで作り方を探したらどこにも出ていない。

どうやら、酒造法で禁止されているらしい。ぶどうは発酵させてお酒が作れちゃうので、だめなんだって。全然知らなかった。びっくり。

さてさて、ではこれを何に加工したのでしょうか?
その答えは、我が家に遊びに来た人だけに教えてあげる(笑)。
20051011174934.jpg
やっぱり押入れの中にいた。少し開いていた引き出しの中に侵入。押入れの中、ほんとは公開するほど綺麗じゃないんですが・・・・ほほ。
このページのトップへ

鳥越さんの病気

アンナが大ファンである、キャスターの鳥越俊太郎さんがガンであると知ってとってもショック。

あんなに渋くてかっこいいのに人間臭い弱みを隠そうとしないところがまた輪をかけてかっこいい鳥越さん。
難しいことを皆が知っている言葉でわかりやすく話してくれる内容には、いつも深いところで納得してしまう。
思えば政治・国際情勢に疎いアンナが毎朝欠かさずテレビ朝日のスーパーモーニングなぞを見るようになったのは、ひとえに鳥越さんの顔を見られるからであった。
前に、新聞記者であるアンナの弟が、「お姉ちゃん、難しいことを簡単でわかりやすい言葉で書ける人が本当に文章が上手な人なんだよ」
って言っていたけど、本当にそう思う。
難しいことを難しい言葉を使ってしか説明できないって、ほんとは本人もよくわかってないか、相手に伝える情熱がないのかどちらかなのかもね。

前に、鳥越さんの講演会があったときにチケットが当たっていそいそと出かけていった私。ほとんどが年配の方ばかりだったので、なんとなく遠慮して後ろの方に座ったけど、今思えばうんと前の方に座ってアピールしてくればよかった。質問タイムの時、60代くらいの男性ばかりがしゃべっていたので、「じゃ、若い方の意見も聞いてみましょうか」なんて指名されたかもしれないのに!くー!

それにしても鳥越さんてアンナママと同じ年なんだよね・・・・信じられないわ。艶とストイックさを併せ持ったところがまたよろし。

手術が成功して回復しますように。
20051010115532.jpg

とうとう買ってしまった・・・・電子辞書
高いし、手引きの辞書の方が好きだから、って思っていたんだけど、毎週の勉強会の時に英和と和英の重い辞書を抱えて出かけるのがいよいよしんどくなったので、決意。品質的にはかなりいいものだけど、アマゾンでおよそ半額で出ていたので即買い。

使ってみると・・・やっぱり皆がいいというのがわかるわね。
なんたって軽いし、何冊もの辞書をあちこち引っ張り出さなくってよい・・・・って今更当たり前のこと言わなくてもいいんだけど(笑)
風邪っぴきでベッドで勉強するときに、寝ながら使うのに軽くてとっても便利でした。

あと、久しぶりにCDを3枚購入。最近、アマゾンでの衝動買いに歯止めが効かなくなっている私。普段かなり我慢している分、買うときにはわっとまとめて買ってしまう。よくないパターンですね。でもまあいいかと思うこのごろ。あっ、貧乏なのは変わってないけど(笑)

モノは、
バッハ:グールドのピアノによる「ゴールドベルク変奏曲」
フォーレ:ラシーヌ雅歌 他ミサ曲  
グラズノフ:四季・バレエの情景

聞くたびに「ニュートラルに戻った」と感じるバッハ
透明で気高い気持ちになれるフォーレ
バレエの情景が浮かんできて思わず踊りだしたくなったグラズノフ
どれも素晴らしい!
このページのトップへ

引き続き、風邪っぴき

20051009203358.jpg
frdが作ってくれた今日のご飯。鰻ちらしと、ニラのお味噌汁。徹底して精がつくものばかり。昨日の晩ご飯は牡蠣とニラがたっぷり入ったキムチ鍋だったし(笑)。
とはいえ、好意に反してあんまりよくならない体調である。
20051009173857.jpg
frdはハマナスの花が大好きで、その実であるローズヒップをこよなく愛する。frd、アパートの前に咲いている公園で、ざる一杯にローズヒップを摘んで来て、鼻歌交じりでなんとジャムを作った20051009173922.jpg
とろりとして柔らかくて、ほのかに青い香りがして美味しかった。

frd、昔、アラスカに滞在していたときに通っていた素敵なカフェの女主人さんが時々森に木の実を摘みに行くのを見て、なんて豊かな生活なんだろうって感心していたらしい。

いいよね。自然の恵みをちょっとだけ頂いて楽しむ生活。こないだ会ったJさんとのんちゃんみたいに森の中っていうのは自信がないけど、自然を身近に感じられる生活はしたいわね。

明日のブランチは、frd手作りのローズヒップジャムとクロワッサンとミルクティーに決定。たのしみ。
20051009173933.jpg
さっそく偵察。まるも好き?
このページのトップへ

風邪っぴきで臥せってます


風邪をひいてしまった。この数日でまたぐっと気温が下がったのと、疲れが残っていたのが原因みたい。
熱や咳はないのだけど、体がだる~くて鼻水がとまらない。こういう風邪って長引くのよね・・・・。

frdは連休明けからまたずっと出張でいないので、いるうちにいろいろやってあげるよって言ってご飯を作ってくれている。感謝!

何が食べたい?って聞くので、そういえば朝刊に「懐かしのナポリタンの味」っいう記事が載っていて、妙にナポリタンが食べたくなっていたのでリクエストしたら作ってくれたのが、これ。ナポリタンというよりは焼きそばって感じね(笑)。でも味はよかったよ。隠し味はマヨネーズらしいけど(えっ)。

早く治らないかな。
でも、言い訳なしで一日中ごろごろしながら本読んでいられるのは嬉しい・・・。
このページのトップへ

ワイルドストロベリーの実

P1010138.jpg

今日はロミ、ジュディと一緒にマット氏の家に一品持ち寄りで集合。
私は知床疲れが残っていたので、またまた簡単にできる鶏肉のお酢煮込み。ワンパターンですみません。

話題は次から次と尽きず。でもそれぞれ用事抱えていたので、3時間でお開き。今度またね。

今日いろいろ話した中で、ジュディの話にショックを受けた。

ずっと前、ジュディが独身の一人暮しをしていたころ、泥棒に入られてキャッシュカードも現金もすべて取られて一文無しになったことがあったということは聞いていたけど、なんとその後日談。

その泥棒、実はジュディの家に入る前に人を殺していたらしい・・・
その日ジュディが家にいたら間違いなく殺されていただろうっていうことを警察の人から言われたんだって。
あまりのショックに、他の3人揃って鳥肌立てて凍りついた。

その後2年間もひどいPTSDに苦しめられたというジュディ。
犯人は捕まったのに怖くてアパートで夜一人でいられなかったって。

でも、そういう経験をしたからこそ、ジュディがいま思うこと。

「長生きするとかお金が欲しいとかっていうんじゃなくて、とにかく
今の人生をうんと楽しく生きたい、って思うの」

私も数年前に寸でのところで命拾いした経験があるから、よくわかるよ、ジュディ。
神様に命をプレゼントしてもらったんだから、うんと有意義に、日々楽しく過ごさなくちゃね。今ここにこうして生きていられる奇跡を思うと、憂いや不安なんて本当に取るに足らないものに思えるもの。

ジュディもとても努力家で一生懸命な人。でも忙しい仕事の合間にも
いろんなことを楽しんだり試したりして日々を目一杯生きている姿に日ごろから感心している私。

鳥肌立ったけど、いい話聞けてよかったわ。
P1010142.jpg

こないだようやく咲いた花が実になった。
種から育てたワイルドストロベリーに実がなったら、願い事が叶うって
いうらしいけど、今の私にはすがってお願いしたいことって・・・・
ないかも・・・ってはたと気がついた。

もちろんfrdの試験のこととか、望みとかはあるけれど、自分でやるだけのことをやったら後は神様が自然に決めてくれるような気がして。

この種を植えたときは(すっごく前でいつか忘れちゃったけど)結構生臭い願い事をしていたような覚えがあるんだけど(笑)。

実の大きさに合ったちっちゃな「嬉しい」でもあったらいいね、とfrdと話した。

今日もいい日。
神様が何度も出てきた日であった。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

アンナ

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。