アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

癒し系少年

昨日はまたまたちょっと落ち込み気味で、やりたいことが沢山あったのに手をつけられず。このところアップダウンが激しくて困ってしまう。いつも中庸でいられたらいいのだけど。

今朝もまだちょっと気分を引きずり気味で塾。
中学校の中ぐらいから学校に通えなくなって、今は通信の高校に通うR君の勉強。

R君は神経の病気をもっていて時々発作を起こしたりするので、勉強中も様子をみながらゆっくりゆっくり。
具合が悪くなり途中で休んで長椅子に横になっていたらそのままぐっすり寝てしまった・・・なんてこともあって。

お勉強の方も、薬の副作用で頭がぼーっとするのでなかなか覚えられない。
一生懸命説明したところも次の週には綺麗さっぱりと忘れてきてくれるし。

仕方がないけどちょっぴり張り合いないなぁなんて思いながら1年間一緒に勉強してきたけど、しつこい位何度もやって刷り込んで来たことが、このところようやくほんの少しずつだけど残るようになってきた。

ちょっと面白い話をすると素直に笑ってくれるし。
「今日はあまり調子よくないの」なんて私の方から打ち明け話して、
「そうなんスか・・・」
って心配そうな顔してくれたりして。

気の利いた事言うわけじゃないけど、なんとなーく和む感じ(笑)。

いろいろと気を使ってあげているつもりでも、結構こちらの方が癒されているかも。癒し系の少年R。

2時間の勉強が終わった後には、お蔭様でかなり活気が戻った私。

frd、またフェリーに一昼夜乗って夜遅くに帰宅。お疲れ様。
船室には机がないからベッドの上で勉強していたらしいのだけど、やっぱり全然集中できなかったとのこと。

この出張中の1週間はダメダメ週間だったから、明日からまた心機一転ということで今日は早く寝る!とfrd。

お土産に買ってきた「鯖のへしこ」で軽く一杯。2人とも臭いもの好きで良かった。へしこを薄切りにして、同じく薄切りにした大根で挟んで、レモン汁をかけて頂く。超まいうー。

さあ明日から2人共またリセットね。

スポンサーサイト
このページのトップへ

おぉっ、効いている

朝起きたらみぞおちからお腹にかけてと脇腹の筋肉が悲鳴を上げていた。
背中はバレエで使っているせいかさすがに大丈夫だったけど、もう全身乳酸まみれ状態(涙)。

これは昨日のピラティスの効果が出ていると言うことね。
時間を追うごとにひどくなってくる。

しかも今日はおさらい会が終わって2週間ぶりのバレエ。
ひぇえええ・・・。

案の定、センターレッスンの半ば位からもうよれよれになってしまった。
先生も見かねて(?)ジャンプを省略してくれたりして。

それにしても、おさらい会の振り付けばかりやっていたので、久しぶりにやるまともなセンターレッスン、何だかすごく下手くそになっていた・・・・。

鏡に映った姿がぎこちなくてがっかり。
大人の体はこれだからしようがない。筋肉が動きをすぐに忘れちゃう。

やれやれ。また気持ちを新たに始めないとね。

ー - - - - -

筋肉痛に苦しみながらも、今日も朝の散歩はちゃんとした!

近くの川沿いの道を歩いて行くと、ちょっとした林があって、そこに咲いている野の花を少しだけ摘んで帰った。

すぐに小さな花器に生けてテーブルに飾り、家にある野草図鑑で名前を調べる。

可憐な紫の花はタチツボスミレ。
白い小さな花の名前はわからなかった。
あと、今を盛りと咲き乱れているタンポポ。

花たちの小さなエネルギーをもらって、ありがとうと感謝。

このページのトップへ

それはピラティスです

1年くらい前からずーっと気になっていたピラティス。

主に腹部の筋力がアップして内臓が強くなり代謝もよくなるピラティスは、超内臓下垂で腹筋の弱い私には必要なエクササイズだと確信。

初心者向けのヨガは、アマゾンで買ったビデオを見ながら自分でやっていたのだけど、ピラティスは筋肉強化なので、1人でやっていたらつらいところでやめてしまう。

それで友達が通っている教室に体験レッスンに行くことに。

独特の癒し系のBGMに合わせて呼吸法の練習から入る。
なんだかこれだけで内臓が活性化されるみたい。

続けて各種エクササイズ。キツイ。けど、なんだか気持ちいい。
激しく運動する時のような発汗と疲労感はないのに、体中の細胞がちゃんと「運動」した感じ。

先生も生き生きと素敵なオーラを感じる方で、「こんなに安くていいの??」というくらい安価なお月謝で教えてくださる。
お金のためだけじゃなくてポリシーを持って教えていらっしゃるのでしょう。

先生が素敵で、好きになれないとこういうお稽古ごとってつらいかも。
そう考えると、今まで長くやったお稽古ごとって、みんな先生がいい方だったと思う。もちろんそれぞれのエキスパートであり、人柄も雰囲気もいい方たちばかり。こういうこともすごく大事よね。

で、来週からピラティス通い始めます。
遠いので自転車に乗れない冬はつらいかもしれないので、とりあえず4,5ヶ月続けてみるつもり。

このページのトップへ

好奇心と体力

友人たちからは「アンナって自分で体力ないって言うけど、本当は普通に体力あるのにいろーんなことやり過ぎてるから疲れてるだけなんじゃない?」
って言われる私。

うーんたしかにそういう面もあるけど・・・・。

私は短距離ランナーなので瞬発力はあるのだけど(歩くのもスタスタ速いよ!)、1つのことが終わったら次のことを始めるまでしばらく休まないと体がついていかない。

そしてその休んでボーッとしてしまう時間に、「あれもしなきゃならないのに」とか「これもしたいのに」と焦って自分の体力にため息をつく、という感じかな。

だから、複数のことをチャチャッと要領よくこなして、しかも毎日コンスタントに続けられる人をとてもうらやましく思う。

でもやりたいことや続けたいことが沢山たくさーんあって、どれも試さずにはいられない。
自分の体力に見合ったことしかしないなんて、今の私には考えられない!

でも何か始める前にはしばらくの間よく考えてから始めるし、合わないことはすぐに見切って、本当に必要なことは続いている。

それで、またひとつ始めます(友人たちのあきれたため息が聞こえる・・・)。

明日がその体験レッスン♪

このページのトップへ

自然のチカラ

Rちゃんが勧めてくれたとあるヒーリング系のサイトに、すごくいい言葉が載っていた。要約するとつまり、

人間はも何万年もの間、自然とともに暮らしてきた。
つまり外の空気を浴び、太陽の光を浴び、舗装されていない道路の土や草お花に触れる生活をしてきたのに、
それがたかだかここ数十年の間に変わってしまった。
コンクリートの壁に囲まれたビルの中で仕事をして、密閉された家に帰るという生活の中では、自然のエネルギーに触れる事がほとんどない。

という内容。
うーーん、そうだよねぇ。
一日の時間の流れがあり28日の流れがあり(特に女の人はね)一年の流れがあり、自然の光も温度も風も、草木の姿もその流れの中で動いている。

人間は本来そんな自然の中の一部なのに、自然から離れた生活をし過ぎているために、自然のエネルギーをもらうチャンスがない。そしてサイクルも乱れ生き物としての調子も狂うというもの。自律神経とかね。

なーるほど、いいこと聞いた!とばかりにまた開眼してしまった私は
なるべく一日に2度以上外へ出てお日様を浴びようと決める。

もともとウォーキングをするようにはしていたのだけど、ウォーキング!と張り切ってスタスタ早く歩くようにしているととっても疲れるので、帰ってから一休みしないと次のことができない。

それに筋肉とか新陳代謝とか考えながら歩いているとつまらないので、とにかくぷーらぷらとお日様に当たりがてら歩いてみよう。

外の空気を吸って木や草花を楽しみながら、風の音を聞いて。
お天気のいい日はもちろん、悪い日も悪い日で、時間と自然の流れに体を合わせて、自然から力をもらいながら。

そしてUVケアは絶対に忘れずに。
UV対応のサンバイザーと手袋買いました!(形から入る私らしい)

このページのトップへ

夢の主婦コーナー

部屋着にしていたエプロンドレスが着古されてぼろ布みたいになってきたので、ストックしてあった布の中から選んで新しく作り始める。

栗原はるみさんの本「エプロンと暮らしを楽しむ小物たち」の中の、ずっと気になっていたデザインのを選んで型紙を作成。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594601642/qid=1116941141/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/249-1376783-0537968

一気に何時間もするのは戒めようと思うので、今日はここまで。
明日はきっと裁断で終りね。

いつかささやかな自分たちの家を持つことができたら、キッチンの一角に大き目の机を置いて主婦コーナーを作るのが夢。

そこに置くものは、ミシンとパソコンとお気に入りの本。あと国語辞典かな。手紙なんかも書きたいから。それとMDプレーヤーと、好きなCDと写真集と、あとはえーとえーと・・・。

なんか、子供のころ、家の中で椅子やお布団やマットレスで作った秘密基地みたい。絵本やお人形などのお気に入りを中に持ち込んで悦に入ってたっけ(笑)。

frd、今晩からまた1週間の出張。
貧乏会社の経費の事情、他諸々の理由で今回は往復フェリーで往く(信じられない!!)。

現地到着予定時刻は明日の夜!途中、携帯で連絡もつかなくなるので不安。
まあ飛行機も心配だけどね。

出張の行き帰りはいつも心配で落ち着かない。
11時50分、出航の時に電話が来るのを待って寝ることにしよう。
このページのトップへ

Today is a very good day to die

数日前テレビでやっていたホスピスを舞台にしたドラマの中で、主人公の看護士の女性が暗誦する詩がとてもすばらしくて、調べてみたらナンシー・ウッドだった。納得。

今日は死ぬのにとてもよい日だ。
あらゆる生あるものが私と共に仲よくしている。
あらゆる声が私の内で声をそろえて歌っている。
すべての美しいものがやってきて私の目の中で憩っている。
すべての悪い考えは私から出ていってしまった。
今日は死ぬのにとてもよい日だ。
私の土地は平穏で私をとり巻いている。
私の畑にはもう最後の鋤を入れ終えた。
わが家は笑い声で満ちている。
子どもたちが帰ってきた。
うん、今日は死ぬのにとてもよい日だ。

Nancy Wood / 訳・丸元淑生

心が平和で自然やすべてのものと調和して存在していると実感し、やるべき仕事を終え、足るを知り充足して、魂の温かな交わりの中に居場所を持つ・・・

究極に満たされた心。
道はまだ遠いけど、ふとそんな気配が訪れてくれることはある。

塾の帰りの夜道、いつものようにfrdに迎えに来てもらって2人でぶらぶらと家路につく。

原始林が近くにあるのでこのあたりはとても空気がいい。
この数日少し気温が上がり、終日雨だった今日は、森の方から露で蒸れた草や木たちの「いきれ」の香気が漂ってくる。

その香りを胸いっぱい吸い込みながら、frdと2人、何ともいえない満たされた気持ちになる。

ー - - - - - ー

昨日書いた「将棋も指せるギョーザ屋」のことをfrdに話したら、

「法律のアドバイスできます、って看板も出さなきゃ」

ギョーザがメインで法律が無資格サービスかっ!?
このページのトップへ

ギョーザ100個完食

ミホ夫妻を呼んで4人で食事。
パソコンを作ってくれたお礼とミホ夫妻のお誕生日を兼ねて。

frdが得意のギョーザを作ってくれた。

野菜の下ごしらえと「焼き」に特別なこだわりを持つfrdは、私の手伝いを許さない。

キャベツ、ニンニク、しょうがに、行者ニンニクをたっぷり刻んで汗かきながらひき肉に練りこんで作った数100個。
行者ニンニクの臭いがあまりにも強烈で部屋中に充満して、頭が痛くなりそうだったけど・・・・。

余ったら冷凍しておこうなんて言っていたのに、4人でほぼ完食してしまった。

frdも久しぶりにビールを沢山飲んでリラックスしていたみたい。たまにはこういう日も必要ね。

frdはギョーザ作りが得意で将棋が好きなので、じゃあいつか弁護士になって事務所を持てたら、

「待合室でギョーザが食べられて将棋を指せる法律事務所」

にしよう!なんて2人で本気半分冗談半分の夢を語っていたりしてたけど、frdがギョーザのたねを一心にこねる姿を見ていたら、もしかしたら

「将棋も指せるギョーザ屋さん」

に変更になるかも、なんて思ったりする。

はっ、いけない、いけない。
負の考えは負の現実を生むからね・・。

このページのトップへ

お祝いのランチ

ようやく快晴の一日。
ひまわり女の気分も盛り上がってきた。

午前中、癒しのクリニックで漢方薬を調合してもらったあと、主婦友の4人グループでランチ。4人全員が集まるのはすごく久しぶり。

なんと一番年長のHiちゃんがおめでたであることが判明。しかももう6ヶ月。びっくり!!

Hiちゃん水臭い!と思ったけど、高齢妊娠なので不安があったからって言う。うん、その気持ちわかるよ。しかし、自然妊娠の快挙!
本当にこういうことはつくづく「縁」のものだって思う。

Hiちゃん、大事にして予定月の9月までの妊娠期間をうんと楽しんでね。そして元気な赤ちゃんが無事生まれてきますように。

Rちゃんと、「いやぁ、人生って何があるかわからないから面白いよねぇ」としみじみ語る。
今日は久々の4人で計らずも嬉しいお祝いの会になった。
このページのトップへ

下戸バッジつけていこうかな

うつ状態2日目。今日も重暗い雨降りだ。お天気のばかやろおー!

気分転換に、沢山買いためたソーイングの本など眺めて過ごす。

貧乏生活でお洋服はあまり買えないから、じゃあ自分で作れるようになろうと思って10ヶ月ほど洋裁教室に通ったことがある。難しいものは作れないけど、とりあえず基本的なことは覚えられた。必要は成長の母である。

安くて可愛い生地をせっせと買いためてはあれを作ろうこれを作ろうと考えているのだけど、実際なかなかとりかかれないでいる。

始めると絶対に何時間も何日も没頭してしまうので、何となく気持ちのゆとりがなくて・・・。

ー - - - - - -

frdは今日、以前の会社の同僚だったS美ちゃんを訪ねたとのこと。

S美ちゃんが去年生んだ女の赤ちゃんがハイハイしていたらしいんだけど、そのハイハイの仕方がなんか変だったって。

S美ちゃんの家には10年前から飼っている、サモエドという種類の大型犬
のP太がいるのだけど、どうもその赤ちゃんのハイハイがP太の歩き方を真似して四つんばいに近い格好なんだそうだ。

アマラとカマラを思い出してほぉ~と感動する。

ー - - - - - -

frdと2人でアンナの実家に行き、frdはアンナパパママに受験の結果報告。いろいろご心配かけて申し訳ありませんが、あと1年頑張りますのでよろしく、とのご挨拶と決意表明。

その後食事して軽く一杯だけ、のつもりが、パパがfrdに「どんどん飲め、もっともっと飲め」ってビールを注ぐので頭に来る。この後帰ってから勉強するのに!

frdは断りづらいから、いつも私が間に入ってパパに断って、するとパパは「なんだお前はfrdくんに飲ませないのか!」って機嫌悪くなるし。
もう実家で食事するとこれだからめんどくさい。

このページのトップへ

ばこつもの

おさらい会も終わり、忙しい月、火が終わった今日、どーーんと「うつ」が入ってしまった。気持ちを明るく持って頑張んなきゃ!ってキープしていた糸がちょっと切れたかな。

朝から晴れ間もない位ずーっと雨の1日。

お洗濯したり山のようにたまったワイシャツにアイロンかけたりご飯作ったりっていうことはできたんだけど、それ以外のことを何にもしなかった。

仕事から帰ってきたfrdが心配して寄ってくる。
「俺のせいなんでしょ」
「違うってば。大丈夫だから一人にしといて」
「こんな馬骨者と結婚したから・・・・」
「だからっ!そんなことないからとにかくほうっておいて」

うるさくされると余計に具合悪くなってくる。

ちなみに、馬骨者って「どこの馬の骨かわからない男」の短縮形だそうで、昔アンナの弟が作った言葉らしい(frdとは学生時代からの親友)。

うまい造語だと思うけど、こんなときに使わないでよね。
そんな風にぜんぜん思っていないしさ。

しばらくして、またfrdが、
「ねー、いつ具合良くなりそう?」

そんなのわかりませんから!

明日はお天気と気分が良くなるといいなあ。

このページのトップへ

川原の死体

昨晩、ウコンのサプリを飲んで寝たらまたまた不死鳥のように復活。劇的に効く~。

勉強会、今日は2人休んだのでJちゃんとふたりぼっち。でも沢山しゃべれてよかった。しかし相変わらず貧しい語彙力に苦しみ、思わずジェスチャーが大げさになる。
I feel so stupid!

ー - - - - -

勉強会の後、義姉のKちゃんから電話。お義父さん、お義母さんの今後の話で大変深刻。2時間半も話し込んでしまった。

お義母さんが退院した後、お義父さんが一人で家で介護をすると言って聞かないので、近いうちに子供たち全員が集まってお義父さんを説得することで合意。

高齢でいつ心臓の発作を起こすかわからないお義父さんが一人で、全介助が必要なお義母さんを看るのは絶対に無理。共倒れか、さもなくば疲れ切って妻を道連れに・・・・なんて、したくもない想像が頭をよぎる。

お義母さんにとっても一番よい状態で過ごせる場所を探してあげなければ・・・。

ー - - - - -

夜、中3の男の子たち5人の塾。みんなで、“Stand by Me”の歌詞を見ながら大声で合唱して楽しかった。音痴の子の音程がちょうどハモった感じになってよかった(笑)。こういうのもいいな。皆が知っていそうな歌を選んで時々やってみよう。

Stand by Meと言えば、frdは子供のころ本当に、川原に横たわっている死体を発見した経験を持つ。最初は「あー、マネキン人形だー」と思って近づいたら、死体だったって(怖!)。

その後の数々の武勇伝と言い、ガキんちょ時代からの友人たちとの友情と言い、この人はほんとにStand by Meを地で行く人らしい。

frd、出張から戻って今日から勉強の本格始動。

このページのトップへ

疲労回復に時間がかかる年齢です

朝起きると体が鉛のように重くてげろげろに疲れていた。
プロダンサーの方々は一日何時間もリハーサルして何日も続けて舞台に上がって、よくもつものだと思う。

中年の初心者には年に1度のステージでもう一杯一杯です。でも再来年はおさらい会の他にちゃんとした発表会もあるので、今から心配。体がもつかしらん。

たぶん最初で最後になるであろう舞台衣装には今からわくわく。
無様な踊りにならないようレッスンに励もう。

しんどくてため息つきながら実家へ行き、計3時間半の塾。
でもやりはじめると、楽しくて充実していて時間はあっという間に過ぎる。

アンナママ、このところめっきり年取ったなあと感じる。
まだ5、6年は塾を続けたいようなのだけど、この様子だとそこまで無理できないのではと思う。パパとの関係もあり、いろいろと心配。

そういう年代だと言えばそれまでだけど、frdの両親といい私の両親といい、あちらもこちらもいろいろ大変。
自分たちの数年後の予測もできていないので、目先の手助けしかできない自分がもどかしい。

ー - - - -

ホームセンターには色とりどりの花苗たちが並び始めた。
毎年、ささやかなベランダを花一杯にして、去年はしし唐やピーマンも植えて楽しんだけど、今年は時間的にもちょっと余裕がなくて無理かも。

やりたいんだけどなぁ。ベランダの色とりどりの花たちを眺めていたら本当に心が癒されるんだけど・・・・。小さいポット1つだけ植えようかな・・・。

frd、出張から帰宅。
1週間の外食のせいで、2キロ太ったムーンフェイスになって帰ってきた。明日からしばらく粗食です。
玄米ご飯、具沢山味噌汁、納豆、ぬか漬け。以上。体のリセットしましょうね。

このページのトップへ

おさらい会当日

おさらい会。ようやく終わった~!
何だか開放感の方が大きかったりして。

去年ほどは緊張しなかったけども、本番で思い切り間違えてしまった。
6人で輪になって踊るところで、立ち位置が異常に隣の人に接近してしまい、その後ジャンプして交差するときに足が引っかかりそうになってしまった。今までやったなかで一番悪い出来(涙)。先生ごめんなさ~い。

今更反省しても仕方ないから、まあよしとしよう。
大人のクラス15人もみんな最高のメンバーで仲良しなので、その輪の中でこの日に向かって練習をして来た日々もとても楽しかったし。

舞台で踊っているときも本当に気持ちが良くて楽しかったー!!

さて、お祭りはひとまず終わり。
また普段の生活始めます。frdは明日、出張から戻る予定。

このページのトップへ

実は子育てしていたんだわ

引きこもり生活2日目(笑)。
ごみ出しの時しか外へ出なかった。

土日はバレエのおさらい会でつぶれるので、その分の勉強と来週火曜の勉強会の準備を早めにしておく。

新聞から何かトピックを選んでまとめようと思って探すけど、この数日はあまり興味深いものがなかった。朝日は土曜版が面白いからそれまで待ってみよう。

合間にバレエの練習。天井が低いので手を照明にぶつけ、足を上げたらテーブルにぶつけ、皮下出血しながら踊る。痛い。

座りっぱなしだと下半身の血の巡りが悪くなるので、時々踊ると血行がよくなって大変よろしい。
frdにも勧めよう。でも関取体型だからバレエは合わないか。

そのfrd、朝の電話で
「今年は日曜の午後を予備にとっておいて、1週間の勉強が予定通り終わればアンナをつれて遊びに行く時間にする」
っていうので私はキレましたね。

気持ちも時間もそんな余裕ありませんでしょ!

frdは、どこにも遊びにつれて行ってやれない私を可愛そうに思って言ってくれたのだろうけど、そんなのんびりしたことを言っていていーのだろうかっ(唾が飛ぶ)。

択一合格者たち(発表前だけど、合推点に達した人たち)は既に論文試験に向けて猛勉強のスタートを切っているんだからねー!

行きたかったらひとりで行っていいよ、私は家にいるから
って言うとシュンとしていた。

ロースクールの話が出たら少し気が緩んだか?

だめだよ~。ロースクールは最後の最後の手段だよ。
この1年が最後だと思ってやらなきゃ。

今はfrd自身も落ちたショック状態からのモチベーション回復時期だろうから、あまりキツク言うのも可愛そうだけど、来年の点数によっては或いはすっぱり諦めてもらうことも考えの中に入れねば。

私自身もそのつもりで強い意志で1年間を過ごすことを決心。

frdにいろいろなことを言う時、自分が子供を諭しているお母さんのように感じる。何だか子育てしてるみたいだ(でかくて髭面の子供だけど)。

本人が迷わず正しい道に行けるように常に見守って軌道修正してる感じがいつもする。これは間違いなく前世では親子であったであろうと思われる。

frdとの結婚式の時、お義母さんが
「frdをよろしくね。これからはもうあなたの責任よ~」
って言ってすっごく晴れ晴れした顔をしていたのを思い出す。

あの言葉の重みが今よくわかるわ。
お義母さん、私に託してほっとしただろうな・・・。

このページのトップへ

frdより身長ある蛇なの?!

frd出張で私1人。
久々なーーんにも予定のない日。

ラスト1週間の緊張と試験後の「がっくり」→「立ち直り」と、短期間に劇的に疲れたので、今日は一日どこへも出かけず引きこもっていた。

お天気もよくないしね。北海道は一ヶ月半くらい前の寒さに戻った感じ。
ストーブもつけっぱなしなので一度しまいこんだ加湿器をしぶしぶまた出して来たりして。

昨日の勉強会はまる3週間ぶりだった。
メンバー全員が体調悪くて1度中止になって、次の週はfrdの試験前だったのでみんな気を使ってお休みにしようと言ってくれたので。

新しく入った2人のうち1人がやめたので、結局今4人。
もう1人くらい入れようかぁということで、国際プラザの掲示板に募集の張り紙を出すことにする。

さっきfrdから電話。
仕事の現場で蛇に咬まれたらしい!!何ーーー!!??

私がこの世でもっとも忌み嫌うあのおぞましい蛇!

なんでも、久しぶりに蛇を見かけたので嬉しくなっていじったら、蛇が怒って暴れてfrdの手を咬んだそうな。
くっきり蛇の歯型がついたって。

長さ2メートルもある青大将だったと・・・・。

用もないのにさわるなよな・・・野生児frd。
出張から帰っても、しばらくfrdの手にはさわれないよー。

このページのトップへ

私たちの新学期

背景の色を変えてみた!気分転換に(笑)。

来年がもう最後、崖っぷち!という気持ちでいることは精神衛生的によくないので、こうなったらこうしよう、というある程度の見通しをつけておくことにする。

frdは、もし来年だめだったら他の道に転換する意思はあるの?経済のことやいろいろなことを一切考慮に入れなかったら、本当のところはどうしたいの?と聞くと、

「そりゃ、(弁護士に)なりたいよ・・・・」

時々、私たちは間違った道を歩いているのかもとふと不安になることもある。
frdが自分の人生への借りを返すにしてはあまりにも茨の道を選びすぎているのじゃないだろうか・・・・。

司法書士にという考えも当初はあった。
でも司法書士の職務権限が広がったとは言え、これから弁護士の数が増える以上、実質的に法廷に立てる可能性は低いかもしれない。
何よりfrdに合った、やりたい仕事をできるのか。

こんなに膨大な時間と労力を費やした後でさえ、frdは楽しくて仕方がないという感じで毎日机に向かっている。

本当にこの人は法律が好きなのだ。

そんな諸々を考えるとやっぱり道はひとつしかない。
来年がもしだめだった場合、ロースクールを視野に入れて考えるということ。

早速ネットで調べ、大学に資料を申し込む。
問題は授業料の免除と奨学金がどの程度まで可能なのか。
及び私の仕事をどうするか。

重要なポイントだけをはっきりさせておけばそれが気持ちの保険になる。
あとは日々、それぞれのやるべきことを一所懸命やって結果を仰ぐこと。

そう決めた時からわたしたちの新学期が始まる。

・・・ああ、でももしロースクールに行くことになったら、卒業後うまく合格して修習に入ったとしても全部で5年。私はいったいいくつだ??(笑)
やれやれ。その間の奨学金や貸与金も返済しなきゃだめだし。

まあ、お金にはあまり縁がないかもしれないけど、納得のいく仕事ができて、やりたいと思うことができて、後はつつがなく生活していけたら最高に満足。frdも私もその点が一致しているのはよかったと思う。

  - - - - - - - -
弟のKが心配して電話してきてくれた。
いつも心配かけてるお姉ちゃんでごめんね。
でも大丈夫。
昨日、茫々とした灰色の一本道に見えていたその脇に、気がつくとところどころ可憐な花が咲いていたよ。frdと共に一輪ずつ摘んで時々大笑いしながら歩いて行くね。今までどおりに!

このページのトップへ

そして奈落の底へ

合推点に達しなかった。

昨晩お疲れ様の一杯でほろ酔いのいい気分になってきたころ、frdがやっぱりチェックしておこうとネットの解答速報サイトで自己採点を始めた。

その間、奥の部屋からは何度も「えーっ!」「そんな!」という悲壮感漂う叫び声が聞こえたので覚悟をする。
やがてfrdがこの世の終わりのようなげっそりした顔で出てきて「信じられない。悪夢を見ているようだ」とつぶやき、どっさりとソファに倒れこんだ。

ああやっぱりだめだったんだ・・・。

頼みの綱だった民法の点数がここしばらく取ったこともないくらい低く、刑法はうっかりミスで1点逃し、憲法ともに振るわなかったらしい。
感触が良くてもふたを開けたら、というのが択一試験の怖いところなのだ。

不合格はもちろん「想定内」だったけど、模試の感触がよかったので期待してしまった分、まさに「奈落の底」。

「苦労ばかりかけて・・・」
半泣き状態でfrdが床に手をつこうとしたのであわてて止める。
とにかく次のステップ、新たな気持ちで・・と思いながらも、私も放心状態で思考がストップ。

試験結果を検証して何が敗因だったのか ー 実力の底上げができていないのか、実力の振幅の底の部分が出てしまったのか、精神的なものの影響か ー を検証してまた次に繋げていくしかない。

会社が来月つぶれるかもしれない、試験もずっと受からないかもしれない、というマイナスの面で頭が一杯になり、未来に続く道が茫々とした灰色の一本道に思えてくる。

でも、こんな最低の気分の時でも日常は「するべきことの時間割」を休まずつきつけてくる。
月曜の今日、frdは出社。明日から長期出張。
私は今日は4時間の塾。出張の準備と明日の勉強会の下準備をしなければ。

よろよろと洗濯機を回しかけた時、お義父さんから電話。
骨折で入院している病院から松葉をついてお義母さんのところへ通っているお義父さん。

お義父さんには昨日「割とできたみたい」としか言っていなかったので、まだ結果は知らずに嬉しそう。途中で車椅子のお義母さんに受話器を渡したようで、お義母さんの小さな声が聞こえてきた。

「そっちは、子供たちはみんな元気なの?」と聞くので、迷いながら「うん、みんな元気だよ」と答えると安心したような声を出す。
お義母さんの中では、北海道の広い野原を孫たちが元気に走り回っているんだね。みんな元気だから安心して。frdもきっとまたがんばるからね。

電話を切ったら、どうしようもなく泣けてきた。
このページのトップへ

試験の「でき」速報

5時に試験が終了したあと、frdから電話が入った。
第一声。

「EXCELLENT!!」

たしか去年もそう言ってダメだったので、至って冷静に聞き流す。

予備校から出る解答速報を見て自己採点するかどうか、frdは迷っている。
一ヶ月後の発表まで待って、とにかく論文の勉強に直ちに入るか。
あるいはさっさと自己採点してしまって、だめならだめで気持ちを切り替えて、新たに1年間のスケジュールをたて直して再スタートをはかるか。

それによって勉強の内容も変わってくるのだ。

まあ、とにかくとにかく今日はお疲れ様。
今晩は2人で酒盛りだ。その後、好きなだけテレビも見ようね。

私も今日はとにかく家で何をやっても手につかなかったので街まで買い物へ。アンナママへの母の日のプレゼントを買って帰る。

病院にいるお義母さんには今年は何も送れなかった。
お義父さんも骨折して入院ちゃったし、体も気持ちも落着き所のない2人のことを考えると胸が痛む思い。

毎年の試験日はちょうど母の日なので、frdにとっては、力と気力を振り絞って母に捧げる1日。

ー - - - - - - - - 

買い物から帰ってきたら義妹のMぞうから、ねぎらいのファックスが届いていた。ありがとう。

frdにとっては親友であり義兄弟である、アンナの弟も遠く離れた地からいろいろと気遣いしてくれたね。ありがとう。

心配して電話くれたひろちゃん、他沢山の友達、ありがとー。
とりあえず、終わったよ。

また報告するので待っていてね。
そしてもしがっかりさせる結果となっても、また変わらぬエールをお願いしまーす!!

このページのトップへ

frd、頭をぶつける

バレエのおさらい会1週間前のレッスンが終わる。
6人のパートで踊る時のアントルラセが全然うまくできなくて落ち込む。

狭いアパートの部屋であちこちぶつけながら何度も練習したのだけど、だめ。空中でうまくターンできていない。ジャンプ力が足りないんだろうな・・・・。

今日はしとしと雨でとても寒く、私はいつもレッスンの後すぐに汗で体が冷え切ってしまうので、frdが車で迎えに来てくれた。

家に戻って1階の車庫に車を入れて出てくるときに、なんとfrdは頭を思い切りぶつけた。

車庫は天井がめちゃめちゃ低い構造になっていて、おまけにところどころコンクリートの梁が飛び出ているから、身長の高いfrdはよく頭をぶつける。

でもよりによってこんな試験前日に・・・。大丈夫かぁ、frd。せっかく覚えたことがぼろぼろ落ちちゃったんじゃないだろうか。

このページのトップへ

自己弁護士

朝ごはんをお盆に乗せてfrdの部屋へ持っていくと(もうご飯食べるのも机で!)、
「洗面所に置いてあったアンナの香水のビン割っちゃった」
と言う。

「えーーっ!」
と非難しようと思ったらすかさず

「だって!今にも落ちそうに棚からはみ出て置いてあったから!」
と私の方が悪いような言い方をして責めるので、ますます頭にきた。

今、frdの頭の中では「過失責任がどうのこうの○×◇△・・・・」
と、自分の正当性を証明する理論が渦巻いているのはわかっている。

法律の勉強を始めてから、いつもこう!
自分の過失の弁護を、私のわからない「民法第何条の規定により・・・・」とかなんとか言って。

そこでもうひと踏ん張りして私が諭すと、さすがに途中から「はっ」と気づいたように謝ってくれたりもするんだけど。

もういいや、試験直前だし。めんどくさい。

頭の中が法廷に立っている状態になっているんだろうか。
いずれ日常生活とは頭を切り替えてもらわなきゃ困るわ。まったく・・・。

ー ー - - - - - - - 

来週はバレエサークルのおさらい会。私自身も今忙しいのだ。
踊る人たちが着る色を合わせるために、普段は着ないブルーのレオタードを買いに街へ行く。

それと、バレエの先生に差し上げるお礼のワインを。
デパートのワインコーナーに行き、ソムリエっぽい店員さんにあれこれを条件を言って選んでもらう。赤と白の2本。

あー、早く終わらないかな・・・。
何だろう。面倒というわけではないけど、いろいろと他にやることが一杯あって落ち着かないのだ。

早くいつものレッスンのリズムに戻りたい。

このページのトップへ

試験日の予定

毎年の試験日は、会場となる大学のロビーでfrdが終わって出てくるのを待っていて、その後2人で居酒屋でお疲れさんのささやかな打ち上げをやることになっているのだけど、例年同じパターンで行くとまた今年も落ちそうな気がするのでやめる予定。

代わりに試験後、frdはデパ地下に寄っておいしそうなものを買って帰り、家で一杯やることに決めた。

「もう金額気にしなくていいから、好きなものいくらでも買ってきてね!」
と言うと大変うれしそうな顔をするfrd。
見るからにおいしそうな色とりどりのものがずらーっと並んだデパ地下って夢のような場所だよね!とあどけなくて、なんだかいじらしい。

私も三度三度の時間厳守飯炊き地獄から解放される晩なのでうれしい。
このページのトップへ

おさらい会前日

おさらい会前日、最後のレッスン日。
今更直しが入っても、もう体が覚えていかないのでつらい。

家に帰ってきて苦手なアントルラセを何度も練習するけど、足の筋肉の問題もあるのでもうこれ以上だめです!途中で足の人差し指を痛めてしまいテーピングする。

もういいや。とにかく明日は楽しもう・・・。

義妹のMぞうから手紙が届く。
この妹はほんとに・・・・私がつらい時にいつもこうやって手紙をくれる。ずっと前もそうだったね。まだ手が離れない子がいるのに時間を見つけて一生懸命書いてくれたのが伝わって、胸が一杯になってしまった。お姉ちゃんもfrdも大丈夫だよ。ありがとうね。
このページのトップへ

ネット生活復活

パソコンが壊れて以来不自由な日々であったけど、反面ちょっとすがすがしくもあったりして。

家事や塾の合間にすぐにパソコンを開く、ということがなくなったら、そこには蓄積すると膨大になる「すきまの空き時間」がごろごろしていた。

あー、することないから勉強しようかなあ、なんて(笑)。
で、とっても反省の一ヶ月。

とりとめのないネットサーフィンを自粛して、これからはもう少し時間の使い方を上手にしなければ。

と考えていたこのごろであるけど、今日、めでたく新しいパソコンがやってきた。

新しい、といってもなんとこれは「手作り」。

友達のミホミホのご主人のトモさんがこの道のエキスパートであり、私がお願いした少ない予算内でやりくりして部品を買い、私のためのオリジナルパソコンを作ってくれたのだ!

今日は私の家で午後からずっと組み立て、設定をして、すぐに使えるようにしてくれた。
もう感謝、感謝。

パソコン周りの環境もよくなったし使い心地もよくて、あーまたこれでどっぷりとネット生活に入って行きそう・・・・だけど、この一ヶ月の反省を忘れないようにしなくちゃ。

ー - - - - - - -

frdはいよいよ今週の日曜に本番。
あと、なか3日を残すのみ。

さっき新しいパソコンで、frdが作ったラスト3日間のスケジュール表を印刷してあげた(frdは自分で決めたスケジュールどおりにちゃんと勉強する人。そこが偉いと思う。私とは大違い)。

寝る、食べる、以外の時間は全部勉強。
お風呂の中でも「明治憲法」の暗唱、って書いてある。

泣いても笑ってもあと3日。

ここまでの間の過去の日記、暇をみて少しずつアップすることにしよう。
このページのトップへ

frd、頭をちょっとだけ一休み

2軒お隣のおうちに住んでいるKちゃんのおうちにお茶しに行く。
朝、ケーキを焼いたからおいで!って言ってくれたので、勉強しているfrdを
おいてちょっとだけ気分転換。

今日はお天気がいい。
世はゴールデンウィークなんだよね。うちにはぜんぜん関係ないけど・・・・。

Kちゃんは男の子ばかり3人のママなんだけど若々しくて可愛くてお姉さんみたいな奥さん。

frdのお昼の準備があるので少ししかいられなかったけど、話は夫婦関係、子供の教育問題から始まって、宗教、戦争、散骨(!)のことまで及び、結局話したりないのでまた今度ということでお開き。

サンダルつっかけて、わっしわっしとアパートまで走って帰る。

frd、ごめーん、約束の時間に10分遅れのお昼ご飯だ!

本番までの間、朝食8:30、昼食12:30、夕食6:30
時間厳守でお願いします、と言い渡されたので気が抜けない。

晩になってfrdの鼻水がとまらない。体もだるいみたいでどうやら風邪のよう。

本番まで長引くといけないからとにかく今日は早くねること!とお達しを出したら、じゃあサスペンスドラマを見て寝る!と嬉しそう。

久々にぼけーっとテレビを見て満喫した後のfrdの言葉。

「あーーーっ、頭を使わないのはなんて楽なんだ!!」

仕事で頭使って、家に直行して寝るまでの間ずっと頭使って、土日もなくて・・・・。いつもfrdの頭の中はフル活動なんだよね。

頭がお休みしている時間の方がずっと長い私には耳の痛い言葉だった・・・。

このページのトップへ

ボーダーのfrd

frdの部屋から突然
「うおぉ~っ、よっしゃーーっ!!」
という叫び声が聞こえたので、新しいストレス発散法かと思って見に行ったら、frdが大きな鼻の穴をもっと広げて「すぱ~っ、すぱ~っ」と興奮していた。

日曜に受けた模試、合推2点超えだったらしい。
本試験前、最後に受けた模試が良くて気分よさそう。

「でも、おっかしーな。簡単だったから絶対に合推も高いと思ったんだけど」

聞くと、民法が比較的難しかったのではとのこと。
frdは民法についてはほとんど「我得たり」という域にいるので、民法が難しい試験の場合、かなり有利となる。

反対に民法が易しかった場合、つまり他の人たちもそれなりの点をとることができると、あとはfrdの不得意な刑法、水物の憲法で点差をつけなければならないのでfrdにとってはかなり厳しい。

となると、本番の問題の内容如何。つまりは、運ということね?

「俺みたいな、そのときの試験内容によってどっちに転ぶかわからないような、ボーダーにいる受験生がゴマンといるんだろうな」

んーまーそうかもね。

「今年は余裕で受かりたかったんだけどな~。くぅ~、悔しい!」

そんなに嘆くなよfrd。
去年の春に会社が傾いて以来、frdが先頭に立って東方西走していろんなこと処理してきて、年末にはお母さんが倒れて、精神的にも体力的にも一杯一杯の中でここまでよくやったよ。私が褒めてあげようー!

と言ったら、ほどけたようないい笑顔を残してまた勉強部屋へ戻っていった。

このページのトップへ

漢方薬で胃が荒れる

癒しのクリニックの漢方薬、大丈夫かなと思ってずっと食前に飲んでいたらすっかり胃が荒れてしまったらしくキリキリ痛む。

体調整えるために飲んでいる薬で胃を壊しちゃ元も子もないよね、と一人で苦笑。しばらく飲むのはお休みしよう。

胃が痛いのを言い訳にして一日何にもせず。
NHKでローザンヌのバレエ・コンクールをやっていたので録画しながら見入る。

frd、今日が最後の模試だった。お疲れー。
46点取れたらしいけど、問題がやさしかったので合格推定点まで行かないんじゃないかと落ち込んでいる。

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

アンナ

カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。