アンナの毎日

夫frdと猫「まる」との小さな生活の雑記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

短い間だったけれど

先日、小学校での始業式で全校生徒の前で退任の挨拶をしてきた。
子供たちと会えなくなるのも淋しいけれど、とてもよくしてくださった先生たちとのお別れがつらかったな。

大学卒業して以来、正職員、アルバイトでいくつかお勤めしてきたけれども、ありがたいことにどこの職場でも人間関係がとてもよく、そういうことで嫌な思いをすることが皆無と言ってよいくらいだった。

昔ある方に姓名判断をしてもらったことがあって、「この人は仕事運がある」といわれたことがある。
特にこれと言った専門的なスキルを持った訳でもない私が仕事で華々しく活躍・・・というのは考えにくいけれど、仕事での運というのは「職場環境に恵まれる」ということでもあったのかしらと思う。
20070822131849.jpg

一番関わった一年生のクラスの子達が書いてくれたお手紙を、担任の先生が渡して下さった。ありがとうございます。この先生もとても素敵で尊敬していました。



月1回の仕事の勉強会で顔をあわせるだけだった他のメンバーの皆さんは魅力的な方たちだったので、これでご縁も切れてしまって残念、と思っていたら、一番お友達になれたらいいなと思っていたKさんからお電話が。私が辞めたことが耳に入って、びっくりしてすぐにお電話をくれたとのこと。
お仕事のことは残念だったけど、それとは別に今度是非会いましょうね、と約束する。ご縁がある人とはちゃんと引き合えるものなのだ。嬉しい。
20070822131821.jpg

暑さと眠さでぼーーっと。
スポンサーサイト
このページのトップへ

迷い

どちらにするべきかの選択を迫られてこんなに悩んだのは・・・今までに記憶がありません。

事情があって、小学校での仕事を辞めようかどうかすごく迷っています。

学校の中でゼロから作り始めた場所を、先生たちの協力もあり数ヶ月かかって子供たちにも私自身にとっても居心地のよい場所に作っていけたこと。
先生たちがとても好意的に協力してくだったり、気遣いをしてくださり、職場としてこれ以上の環境はないと思えること。
私の仕事のやり方を先生たちが評価してくださっていること。
そして何より子供たちが慕ってくれていること。

これだけ書いただけで、もう辞める理由などどこにも見つからないという気もしてくるのだけど、
実はとても個人的なことでここでは書くことができませんが、仕事を続けることと学校にいることでのデメリットが、メリットと同じ位大きいのです。

どちらを取ったらより良いのか、後悔が少ないのか、今の私にはどうしてもわからず、同じことを何度も堂々巡りで考えて悩んでいます。

こういう時は何を目印にして決めたらよいのだろう。

ついさっき、何気なくテレビで観ていた「オーラの泉」

取捨選択に迷った時は、情を捨てなさい。
冷静に判断すれば、自分の本心がわかってくる。


というようなことを江原さんと美輪さんが言っていました。
なるほど、情ね・・・・。
私の場合の情、って、一生懸命に残るよう説得して下さっている教頭先生や優しい先生たち、慕ってくれる子供たち、ということになるのかしら。
しかし、その情は簡単に捨てられないほど強力であり・・・・。
でも、シンプルに私自身のことだけを考えると・・・・・。

うーん、どうしよう・・・・。
あと2日ほどで決めて連絡をする予定。
どうするの?>私。
20070811220824.jpg
決めた後は、後悔しちゃだめよー
このページのトップへ

どんな経験も生きるのよっ

frd、論文の模試を受けてきてへろへろです。
朝から夕方まで、1科目2時間の論文を3科目×2日間にわたって。
つまり本試験と同じ設定なのですが、予想以上に疲れたようで背中と肩の凝りを訴えていました。目を見ると、またもやちょっと据わってきている。。。。まずいかも。択一直前と同じだわ。

受験生にとって択一の発表が出てから論文までの短い期間が、精神的にも体力的にも一番キツイ、というのは聞いていましたが、確かにね。「やることが多くて間に合わない」というプレッシャーに絶えず追われながら、一分たりとも無駄にせず机に向かうこの期間は本当に自分との戦いのようです。

この追い込みの時期、背中の痛みをずっと引きずっても嫌なので、今朝一番で予約して鍼灸マッサージに行ってもらいました。時間がもったいないので、行き帰りはタクシーで。タクシーの中でももちろん勉強。こんな時にお金をケチってなどいられません。
少し楽になって帰ってくるといいのだけど。



私の方は、ようやく体も回復して楽しく小学校での仕事復帰しています。
昨日、廊下で大声で泣く声が・・・・。授業中なのにどうしたのかな??

見ると、一年生の女の子
畑の授業で作物に水を上げていたのだけど、おしっこに行きたくなって学校の中に入ろうと思ったら、間に合わなくて廊下でおしっこをおもらししてしまったって・・・・あらら。

だいじょうぶよ、なーーんにも恥ずかしくないんだから、一緒に保健室に行こうね、と手をつないで保健室へ行き(小学校ではこういうことがよくあるので、大概パンツやジャージなどの着替えがあるはずなのです)、
ぐっしょり濡れてしまったパンツやズボン、靴下などを穿き替えさせました。

着替え終わってもまだしょんぼりしているので、その子の耳元に

「先生もね、一年生の時にね、お教室でおもらししちゃったのよ。でも内緒にしてくれる?」

ってささやいたとたん、びっくりした顔してこちらを見て、泣き止んで「にや~」と笑ってくれました。よかった。

いやぁ、37年も前の経験がこんなときに役立つとは思ってもいなかったわ。わはは(実は本当の話・きゃーーー恥ずかしい)。
20070703111403.jpg

わーいわーい、アンナのおしっこたれ~(まる)
まるだって、床の上にウンチたれたでしょっ!(アンナ)
20070703111413.jpg
ぎくっ
このページのトップへ

ふたたび、森のゆ

小学校の日。
部屋で預かった男の子のことで、今日は一日、悲しい、やるせない、腹立たしい、どうしようもない気持ちになってしまった。

親や今まで関わってきた周りの大人たちはなにをやっていたというのだろう。

多少いろんなことがあったって、子供の毎日はキラキラと楽しいことがたくさんなくちゃいけないのに・・・・。

キンチョーの職員会議初体験もあって、どっぷり疲れた一日だった。



家でする仕事も沢山あるし、こんなに大変だと最初にわかっていればたぶん引き受けなかったのだけど、実際に子供たちと接しているととても楽しくて、両極端の気持ちに揺れているのが実は素直なきもち。

私にとって肝心の塾の仕事に全然復帰できていないのが、イライラに拍車をかける。

疲れがひどかったので、今日もfrdと「森のゆ」へ行った。

露天風呂に浸かって新緑の木々を見ていると、またふつふつと充足感を感じて来た。10分も浸かったころには、「私はこんなに幸せでいいんだろうか」ととっても贅沢な気持ちになる。森のゆ、効果絶大だわ

ちなみに私にとっての贅沢の定義とは、心身ともに果て無く満ち足りた状態になることです。
このページのトップへ

子供たちからもらうもの

NEC_0131.jpg

論文までの勉強時間を一日16時間(!!)に設定して、計画どおり勉強に没頭しているfrdだけど、なにせ精神的に追い詰められているため、ストレス性の大腸炎を起こし、胃の具合も悪くなっているらしい。

この間お天気がよかった日に、夕張郡由仁町にある滝ノ上公園までドライブに出かけた。
よい空気吸って、気持ちの空気の入れ替えもしなきゃね。
NEC_0136.jpg

この間神奈川で見た桜で、私の中では今年の桜は終わっていたのだけど(笑)、公園の中ではまだまだ桜たちが美しく咲いていた。
なんていう種類なのかしら、香りがとてもよい木が数本あって、うっとり夢心地だった。

  

この間の水曜は相談員の会議があって学校には行かなかったので、なか3日あけて学校に行ったら、待ちかねていたように子供たちが来る来る。あっという間に小さな部屋に40人以上がひしめいた(笑)。

せんせい、こんどいつくるの?あしたはいないの?
お絵かきしたの見て見て、これ、こんな折り紙折ったよ、
せんせいがいる日はぜったいにここに来ることに決めたんだ、
がっこうに来ない日はせんせい、なにやってるの?
ねえねえ、せんせいせんせい・・・・

うふふ、子供の声や握った手のぬくもりって何て心地いいんだろう。
私の中でずっと空虚だった部分が少しずつ満たされていく。

そんな中でお友達とケンカしたっていう子が相談に来たりして。
大人からみるとそんなささいなこと、って思うことでも
子供にとっては一大事であり心が一杯一杯になってしまうような深刻なことなのだ。

そういうことが原因で学校に来るのがいやになったりすることのないように、少しでも助けになれればと思う。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

アンナ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

四季の花時計

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。